お手製の塩辛

Sumiです☆

最近、スーパーでイカが安売りしていました。

そういえば、最近、イカを調理していないなぁ~と思い、早速買ってみました。お刺身で食べようと思って買ったのですが、キムチを漬けるために買った塩辛を見ているうちに、自分で塩辛を作りたくなりました!!呑兵衛なので、独身の頃はよく作っていましたけど、そういえば、子どもを産んでからは作ったことなかったかも。どうやるんだったっけ~?と、ネットで調べつつ、思い出しながら作りました。

イカのさばき方は、若かりし頃、母に教えてもらったので知っています~(*^。^*)/

いか

イカの胴体に手を入れて、ワタをゆっくり引き出します。ゆっくり、ワタをそっくり引き出してくださいね。

ワタを抜く

まずは、ワタの処理から。ワタからやぶらないように気を付けながら墨袋を取ります。

黒袋

ワタに塩をして一晩おきます。そうそう、この作業、ちょっと面倒なんですけど、これをやっておくのが美味しく作るコツなんですよ~。水分が出て、臭みを減らすことができるからです。下に敷くすのこは必須!余分な水分が下に落ちますからね♪私は塩麹で一晩つけました。

わた

次に、イカの皮を向きます。エンペラ(耳)を胴体から手で切り離しながら、下に引っ張ると、皮が細長くツーッと向けるので、それをきっかけに胴体全体の皮をむくと楽ちんです。剥けなかった皮は、布巾で拭きながら向くときれいにむけますよ~!キッチンペーパーでもOKです♪

顔からげそを切りはなし、目、くちばし、軟骨を取ります。
エンペラ、胴体、げそを食べやすい大きさに切って冷蔵庫で保存。

刻む

翌日、ワタと切り身を混ぜ合わせました。塩気は味をみながら調整します。

ワタを混ぜる

ここで食べたいところですが、もう一日冷蔵庫に入れて味をなじませます。
欲を言うならば、美味しく食べるのは、もう2日寝かしたいところです。
合計三日の寝かしつけ。

塩辛完成!

手間がかかるものって美味しいのよね~♪
この日は日本酒を飲みながら大人時間を満喫しました~(*^。^*)/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/10183/trackback