3.11

Sumiです☆

我が家の裏庭にある花壇。日陰なので植物が育ちにくい環境ではあるのですが、きょう見に行ったら、チューリップの球根が4つほど目を出していました。

チューリップ1

この球根、私が植えたものではありません。実は前の家から持ってきた球根が土の中で腐ってしまったので、土に返そうと、私としては花壇に捨てたものなのです。植物の生命力は強いですね!こんな日なだけに、余計に感動してしまいました。

チューリップ2

そう、きょうは東日本大震災から丸4年。みなさんは何を想い、何を考えますか?

私はあの日のあの時間、熊本で暮らしていました。娘がお昼寝をしていたので、暇つぶしにインターネットを見ていたのです。その時、突然地震速報が表示されました。東北の方だったので、びっくりして田舎(福島県会津若松市)へ電話。父と少し会話できたものの「また地震だ!逃げるから切るぞ!」と言われ、三日間音信不通になりました。

TVを付けると、沿岸で渋滞している車が次々と津波にのみ込まれていきます。田んぼも家も飲み込まれ、現実とは思えない映像が流れていました。映画のワンシーンであってほしい・・と願わずにはいられませんでした。

私は気ばかり焦って何もできずにいましたが、最悪のことを考え、すぐに福島へ行けるよう、とりあえず、その日予約していた歯医者へ娘を連れて行きました。熊本市の上通りを歩くと、街も人も何事もなかったかのように平和でした。それもそのはず、まだ情報が広がっていない時でしたので、待ちゆく人地震があったことすらわからない人が多かったからです。この瞬間、切羽詰まった状況の人もいる・・・助けてあげたいのに何もできない。無力・・・。そう思うと何とも言えない気持ちになったことを覚えています。

熊本では翌日に九州新幹線の開業が控えていました。けれど、式典はひっそりと行われ、盛大に催されるはずだったイベントは中止されました。みんなが心を痛めていたのです。その後、東北で物資が足りないことを知ると、熊本の友人たちは声を掛け合い、協力してくれて、子ども服など、大きな段ボール17箱分を救援物資として送ることができました。私が福島の出身というだけで、いろいろ協力してくれた熊本の友人には本当に感謝しています。

きょう、私はあの時間に、幼稚園で謝恩会のリハーサルをしています。係りはDVD係りです。先生方への感謝の意を込めて、園外の子どもたちの様子を楽しんでもらおうと、子どもたちの大好きな歌とダンスを撮影してまとめました。これを作りたいと思ったきっかけになった映像がこちらです。

ファレル・ウィリアムスの「HAPPY 」という曲に載せて福島の人たちがそれぞれの地域で楽しそうに踊っている動画です。震災後に発表されたものですが、福島の美しい自然や楽しげな人たちの様子が生きていくたくましさを感じさせてくれます。今では85万回以上が再生されていますが、まだ見たことがない方にはぜひ一度ご覧になっていただきたい動画です。

この動画を制作したのは福島市在住の熊坂仁美さん。私自身、熊坂さんとは面識はありませんが、熊坂さんはソーシャルメディアでご活躍されている方でTVやインターネットを通して知りました。『Facebookをビジネスに使う本』なども出版されていて、拝読させていただきました。福島出身として、熊坂さんが福島の魅力をPRしてくださっている姿を、陰ながら応援させていただいています。もし熊坂さんにお会いすることがあれば、動画制作のことやソーシャルネットワークを使った活動の仕方など、いろいろ伺ってみたいお話が満載です♪いつかお会いしたいなぁ~♪

福島は自然が美しく、人も穏やかで、本当にいいところです。私も何か力になれることがあったらなぁと日々思っているのですが、きょうはささやかながら犠牲者の方へ黙とうをささげました。リハーサル中でバタバタしていると思うので、さきほど少し早めに・・・。もし可能であれば、2時46分だけは、再度、黙とうをささげたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/11046/trackback