夏の悩み・オムツのにおい!(Author:Maki)

Makiです♪

娘は4月から保育園に通っています。保育園って、本当に本当に本当に素晴らしいところです。がっつり遊ばせてくれて、栄養バランスを考えたご飯を食べさせてくれて、しっかり昼寝もさせてくれる。プロが教えてくれること、それからお友達同士の刺激もあって、娘は息子と比べると、同じ月齢でもずいぶんたくさんのことができるようになっています。「いただきます」「ごちそうさま」はちゃんと手を合わせるし、ご飯も手づかみとはいえ、ほとんど一人で食べるし、夜も布団に置けば勝手に寝るし。

保育園の定義は『保育に欠ける子が通う施設』だそうですが、親のため、というより、むしろ子どものためになる場所だと思います。子どもが生き生きと安心して過ごせる場所は、家だけである必要はない。働いているとか、そうでないとか関係なく通えるようになった方がいい。もっと何とかするべきだーーー!

…と、熱く語りたくなってしまいましたが、その話はまた今度にして。

娘、以前は布オムツを使っていたのですが、保育園に通うようになって日中は紙オムツ。家に帰ってきてからの朝夕数回のためだけに布オムツを使うのはやっぱり大変なので、4月以降は紙オムツになりました。

紙オムツは確かにラクです。便利です。でも、ひとつだけ布オムツの方が良かったと思うのが、ニオイ。布オムツは溜めおくにしても、水につけて置いてあるから、大してにおわない。一方、紙オムツは消臭剤をたくさんつけたフタ付きのバケツに入れておいても、ゴミの日の直前になると、におってくる。重曹使っても、におってくる。特に暑さが増してくると、もう大変。そのうち、家中におっているんじゃないかと恐ろしくなって、何かいいものはないかしら、と探し回りました。

そこで思い出したのがこちら。冬の風邪・インフルエンザ対策にいいと聞いて買った『クレベリン』。そのときは置き型タイプが欲しかったのですが、「これも役に立つかしら」とスプレータイプも一緒に買っていたのでした。

クレベリンSP

風邪やインフルエンザの菌・ウィルスを除去してくれると話題になったクレベリン。スプレーは気になる場所に直接吹き付けて使うもの。

ちなみに、置き型タイプは家中あちこち置いてみましたが、家族みんな見事にインフルエンザにかかりましたよ。ちっとも効いた気がしませんでしたよ。そのせいもあって、最初は半信半疑で使ってみましたが……これが素晴らしい! バケツとオムツにそれぞれ1プッシュずつスプレーしたところ、しばらくしたら、嫌なニオイがすっかり消えました。やや塩素くささが気になりますが、時間とともに消えてしまうので、私としては問題なし。バケツを開けるたびにウッとなることもなくなりました。

クレベリンSP

使った直後は塩素くさいですが、しばらくすると無臭になります。香り付けされていないところが、私としてはお気に入り

スプレータイプの用途は除菌・消臭、カビの除去だそう。ペットを飼っている人や煙草を吸う人にも良さそうですね。この時期久しぶりにエアコンを使いはじめる人も多いかと思いますが、その前にクレベリンSPを使ってキレイにしておくのも良いかもしれません。

我が家は娘のオムツがとれる、あと一年くらいかな…。手放せなくなりそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/11646/trackback