家・笑・結プロジェクト PV制作(Author:Sumi)

Sumiです☆

家・笑・結と書いて「かわゆい」と読みます。
先月まで、この家・結・笑プロジェクトのPV制作を手掛けていました。映像制作の仕事をブログで紹介するのは初めてかもしれません。私の場合、構成、撮影、編集、ナレーションと全部私一人で行っています。正直、産み出すのはしんどいんだけど、それも楽しいの♪・・・Mか?(笑)

動画が一般公開されたので、ブログでもご紹介しますね♪

まずはどんなプロジェクトなのか、こちらの映像をご覧ください。

そう!家・笑・結プロジェクトは、家族の記念日をプロデュースするプロジェクトなのです☆

手掛けているのはこちらの3人の女性たちです。
Kawayui member

中央がテーブルコーディネーターで元看護師の山西智香さん。
右が美容家でソシオエステティシャンの星野尚子さん。
左がフォトグラファーの淺井芽美さん。

3人の紹介VTRも制作しました。

そんな家・笑・結(かわゆい)プロジェクト!
実際にどんなものなのか、具体的にご紹介する映像も制作しました。

この家・笑・結プロジェクトを立ち上げたのは、テーブルコーディネーターの山西智香さんです。
tomokasan

智香さんは神戸ご出身で、関西弁が可愛らしいチャーミングな方です♪学生時代はインドネシア大学に留学していたという経歴もあり、国際色豊か!しかも元看護師!結婚後はご主人の転勤で4年間のアメリカ生活も!さらにテーブルコーディネーターの資格もあって、自宅にサロンも設けているという、聞けば聞くほど、多彩な持ち主なのです。

ドナルド・マクドナルド・ハウス」ってご存知ですか?病気のお子さんとそのご家族が滞在できる施設で、世界中にあるんですって!智香さんは、アメリカ滞在の時、アメリカのドナルド・マクドナルド・ハウスのイベントにボランティアとして参加したことがあるそうで、病院とは思えないイベントの数々にとても驚いたと話してくれました。テーブルコーディネートも斬新で、型にとらわれない自由な発想に刺激を受けたと伺っています。お話を伺えば伺うこと、医療や福祉での現場経験があり、国際色豊かな感性があり、テーブルコーディネートのセンスを持ち合わせた智香さんだからこそ、家・笑・結プロジェクトが産まれたのだということがよくわかりました。これらすべてを映像の中に込められずに申し訳なかったくらいです・・・><

その想いに最初に賛同した美容家でソシオエステティシャンでもある星野尚子さんも素晴らしい技術をお持ちです!
naokosann

ソシオエステティックというのは医療や福祉と連携してケアを行うもので、フランスでは30年の歴史があるそうです。フランスでは、すでに医療や福祉において重要な役割を担う存在として根付いているそうでが、日本ではあまり知られていませんよね?それもそのはず。日本に入ってきたのは、たった5年ほど前なのだとか。尚子さんの「外見の美しさよりも心を癒す」という言葉に私は心を打たれました。

フォトグラファーの淺井芽美さんもとても素敵な方なんですよ♪智香さんからお話を伺った時は、この道で生きていこうと決心したばかりだったそうです。芽美さんは、もともとご家族と一緒に過ごす時間を大切にしている方で、これまでに撮影したお写真を見せていただきましたが、どれもこれもいい素敵な写真ばかり!「写真にはその時に匂いや空気までもが一枚一枚に込められる・・」という芽美さんのお話が印象的でした♪

こちらは私が芽美さんを撮影していた時、逆に撮影してくれた写真です。お気に入りの一枚になりました♪
芽美さん作

彼女たちの活動は、まだ始まったばかりです。

より多くの方に活動を知ってもらいたいので、セミナーを開催したい!その時に流す映像を作って欲しいと依頼され、今回のPV制作に携わらせていただきました。同世代の女性たちとの仕事は本当に楽しくて、とても有意義な時間を過ごさせていただきました。智香さん、尚子さん、芽美さん、本当にありがとうございました♪

ご家族との特別なお祝いの日、みなさんはどんな風に過ごすことが多いですか?
ご自宅にご両親を招いて?
レストランを予約して?
一緒に旅行に出かけますか?

いろんな方法があると思いますが、今回の仕事を通して、3世代が揃って過ごせる日って、実は短く貴重なものなのだな・・・と、改めて気づかされました。だって、みんなが集えるというのは、みんなが健康だからこそですものね!

高齢社会の今、年を重ねるごとに、私たち、親世代の体は不自由になっていくかもしれません。それでも可能な限り、一緒にお祝い席を囲みたい!特別な時間を共有したい!そんな想いを強く持っているご家族に、この家・笑・結プロジェクトが届きますように♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/12300/trackback