ぬか漬け

Makiです♪

我が家の朝食のご飯のおともはぬか漬けです。

ぬか漬け

エリンギとカブ&カブの葉のぬか漬け。エリンギは生のまま、そのまま漬けこむだけ。簡単。そして、美味しい。

一人暮らしを始めたときに母からぬか床を分けてもらい、出産するまで使っていたのですが、産後のドタバタでカビだらけに…。それ以来ぬか漬けからは遠ざかっていたのですが、昨年、以前お仕事でお世話になった内海裕子さんが主宰する発酵茶会に参加させていただき、ぬか床のある生活が復活。それ以来、我が家のご飯を彩ってくれています。

ぬか床

ぬか床。超めんどうくさがりな私でも、テキトーに漬けたり、手入れしたりしながら、一年以上続いています

ぬか床っていうと、毎日かき混ぜなきゃいけない面倒なイメージがありましたが、内海さん曰く「毎日一生懸命かき混ぜる必要なし!」。野菜を漬けるとき、取り出すときに触っているくらいでも大丈夫。何日か放ったらかしにしてちょっとカビちゃっても、その部分だけ取り除けば、奥の方にいる菌はちゃんと生きていて、また使えるんですって。実際、私、一週間ほど放ったらかしにしてカビさせちゃったことあるんですが、教わった通りに手入れしたら、また美味しいぬか漬けが作れるようになりました。産後ダメになったと思っていたぬか床も、そういうこと知っておけば、また使えたのかもね。

冬は気温が低く、発酵が進みにくいせいか、ぬか漬けの味もイマイチ…な日が多かったですが、気温が上がるにつれて、毎朝美味しいぬか漬けが食べられるようになりました。これから夏にかけては野菜も美味しくなるし、まさにぬか漬けの季節。ちなみに、私のお気に入りはエリンギと干しシイタケとミニトマト。あと、茹で卵とかアボカドとかも美味しい~♪ オリーブオイルやごま油をかけたり(先日のお料理会でも、みなさんにお出ししました!)、ぬか漬けをブルスケッタにすると、これまた意外な美味しさ。

ちなみに、内海さんによると、ぬか漬けはアンチエイジングの食材なんですって。ぬか漬けの植物性乳酸菌は腸内をキレイにしてくれる効果があるとのこと。日々肌に身体に劣化を感じるお年頃ですが、少しでも食い止めたいと願いつつ、毎日美味しくぬか漬けをいただいています。

ぬか床の材料は、ぬか漬け専門店『糠蔵』で購入しています。無農薬生ぬかが手頃なお値段で手に入るのが嬉しい。どんこ椎茸もお手頃なので、一緒に買って、ぬか漬けにしています。意外と簡単、そしてとっても美味しいので、興味ある方、ぜひ一度お試しあれ~!

無農薬生ぬか(500g)

無農薬生ぬか(500g)
価格:400円(税込、送料別)

♪♪ お知らせ ♪♪

■ オールアバウト「一人暮らし」up! – 一人暮らしの防犯&防災に役立つスマホ活用術
手元に置いてある機会の多いスマホ。上手く使いこなすことで、より安全&安心に暮らすことができます。

■オールアバウト「簡単一汁三菜」up! – 春雨のチャプチェ風定食(朝10分+夕15分)
朝10分+夕15分で作れる一汁三菜の夕ご飯です。作り置きしておいた方が美味しいレシピは、忙しいときに助かるはず!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/1266/trackback