「おんぶもっこ」で熊本支援!!

Sumiです☆

一昨日放送を見てくださった皆様、本当にありがとうございました。
放送中、放送後、友人たちからラインやメールでたくさんのエールをもらい、とても励みになりました☆テロップで自分の名前が出たときはやっぱり感動しました~☆OAを見ながら「ここはこうすればよかった。あそこはもっとこうだろう。」など、一人反省会もしつつ^^;
まだまだこれからですが、また番組告知ができるように頑張ります!!

さて、きょうは熊本のことを書きます。

先月「おんぶもっこ」の放送があるよ~とブログで紹介した矢先に、あの大きな地震。東京のセミナーも中止になり、TV放送も延期(?)になりました。

熊本にいる友人たちが心配で心配でたまりませんでした。すぐにでも連絡したい気持ちをグッとこらえ、連日facebookとにらめっこ。私は熊本の防災情報メールを登録したままになっているので、震度3以上の地震は携帯にメールが届きます。最初の三日間は、朝起きると50件もの地震情報が携帯に届いていました。みんなどうしているんだろう、大丈夫なんだろうかと、気が気じゃありませんでした。

いち早く動いてくださったNPO法人「絆プロジェクト2030」のみなさんを東京から支援し、熊本にいる友人のためになりそうなfacebook投稿をシェアする日々が続きました。最初の一週間は、私でさえとても長く感じたので、実際に被災された方々はもっと長く感じたことでしょう。

最初の地震から4、5日たった頃、「おんぶもっこ」の田代佳織ちゃん家は電気が使えると知り、携帯に電話。家の中のガラス製品が割れていたり、雨漏りがしていたり、水が足りなかったり、余震が多くて車内泊をしていたり・・・。でもね、そんな大変な状況にも関わらず、被災している母子のために「おんぶもっこ」を役立てよう!と考えている佳織ちゃんがいるから脱帽!!自分だって被災してるのにー!!

そんな話を聞いた数日後、あれよあれよと形にしているから、さすがです☆

おんぶもっこを被災地の方に無料で届けるプロジェクト!
おんぶもっこ

おんぶもっこ」は熊本の天草地方に伝わるおんぶ紐。普通のおんぶ紐より、赤ちゃんをすっぽり包んで背負えるため、密着感が違います!気持ちが不安定な時こそ、ママと赤ちゃんがぴったりと寄り添うことで、安心感も増しますよね。おんぶもっこのすごいところは、何通りにも変化するところ!おんぶや抱っこだけにとどまらず、授乳するときの目隠しになったり、布団代わりになったり、はたまた防災頭巾代わりになったりするんです。軽いので持ち運びにも便利なのもうれしい!お母さんと赤ちゃんの強い味方です☆

「おんぶもっこ支援」は、みなさんからいただいた寄付をもとに、被災したママにおんぶもっこを贈る仕組みになっています。3000円の寄付でおんぶもっこ1個を無料貸し出ししています。
おんぶもっこプロジェクト

ぜひ皆様からのご支援をお願いします。詳しくは下記をご覧ください。

【寄付募集】!!
被災地のママと赤ちゃんにもっこをおくりませんか?

赤ちゃん

この活動は、早速、地元の放送局、熊本県民テレビ「テレビタミン」でも放映されました。希望者にはおんぶもっこの知識豊富なアンバサダーのみなさんが、使い方を指導して貸し出しています。現在は、同じように被災した大分にもおんぶもっこ支援の輪が広がっているそうです。

熊本地震において、被災された方、そのご家族・関係者の皆様に心からお見舞い申し上げます。そして、一日も早い復旧を心よりお祈りしております。

かまだせ熊本!役立ておんぶもっこ!
応援しとるけんねー!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/12807/trackback