自由研究「ふくろうについて」奮闘記①井の頭自然文化園

Sumiです☆

あっという間に9月ですね。
台風13号の動きが気になりながらブログを書き始めた所、東京は日が差したり、曇ったり・・・。やっぱり変な天気です。

さて、夏休みに入って親が頭をかかえる宿題・・といったら、自由研究ではないでしょうか?

小2の娘。今年の自由研究のテーマは「ふくろうについて」でした。
時間がなかったので、動物園とふくろうカフェに行き、ふくろうの写真を撮って種類でまとめよう!ということになったのですが・・・。

なんと!!運がいいこと☆☆!!

動物園に行ったとき、ちょうど餌やりタイムに遭遇し、直接飼育員さんにお話しを聞くことができたんです!おかげで、自由研究らしい仕上がりになりましたー!

訪れたのは「井の頭自然文化園」!3種類のふくろうがいました。

まずは、一般的な「ふくろう」からご案内しましょう☆
ふくろう小屋

飼育員さんの話によりますと、井の頭自然文化園にいるこちらのふくろうは、保護されたふくろうなんだそうです。そのため年齢はわかっていませんが、だいぶ年を取っているとのことでした。

この子はおじいちゃんふくろうだそうです。あとで調べて分かったことですが、ふくろうの目は大きいものの、眼球は固定されているので、視界は人間よりも狭いのだそうです。そのため、首をぐる~っと動かしながら周りを見ます。左右270度ぐらいは動くそうです。そして、この顔の面の部分が耳の役割もするんですって!ここでわずかな音も察知して、小さい獲物を狩るわけですね~!
ふくろうじいちゃん

下の子はおばあちゃんふくろうです。飼育員さんによると、白内障になっていて、目はほとんど見えていないとのことでした。日中はこうやって巣の中に顔を突っ込んで過ごしていることが多いそうです。なんだか気の毒・・。
ふくろうばあちゃん

その近くには「オオコノハズク」がいました。
オオコノハズク小屋

オオコノハズクのお父さん。たいていこの巣箱に入っているそうです。
オオコノハズク父

オオコノハズクのお母さん。毛の抜け替わる時期なので、今の季節は耳がよく見えるよ~と飼育員さんが教えてくれました。耳がちょこんと出ていて可愛い~☆
オオコノハズク母

この日の餌は・・、なんと!腸と内臓を取ったひよこでした><
グロテスクなので、写真は小さく載せますね。
ふくろうのえさ

ふくろうは見た目可愛いですけど、猛禽類ですものね・・・。
飼育員さんが餌をあげていたのは夕方16時頃でしたが、ふくろうが実際に餌を食べるのは夜なんだそうです。やっぱり夜行性なんですね~。

飼育員さんが餌をあげている間、オオコノハズクがやたら目をパチパチさせて落ち着きがなかったので、そのわけを聞いてみたところ・・・。
なんと!これは威嚇のサインなんだそうです!!
実は、オオコノハズクに赤ちゃんが生まれていて、敏感になっているそうなんです!

日中は下の木箱の中に入って、まったく姿を見せないのだとか。
オオコノハズクあかちゃん

よ~く見ると、いましたー!オオコノハズクの赤ちゃん!6月に生まれたばかりなんだそうです。まだ産毛でもふもふしてます。かわいいーーー!!
オオコノハズク赤ちゃん2

飼育員さんに話を聞かなかったら、赤ちゃんの存在はまったくわかりませんでした。飼育員さん教えてくれてありがとう!!井の頭自然文化園のふくろう事情をしって、なんだか親近感がわいてきました!赤ちゃんの成長も楽しみだな~☆

その他、モルモットコーナーのすぐ近くに「メンフクロウ」が3羽いました。
メンフクロウ1

メンフクロウ2

メンフクロウ3

ふくろうについて、全く興味がなかった私ですが、娘のおかげで、種類や特徴、食べ物などにも詳しくなりました^^
やっぱり、自由研究は親子の宿題!?と思うきょうこの頃・・・(笑)

余談ですが、テーマが「ふくろう」に決まるまで、紆余曲折あったんですよ。
娘は夏休みに入った当初、「宇宙の惑星について工作するから、段ボールちょうだい」と言うので渡すと、いつの間にかその段ボールは猫の寝床になり(笑)、「やっぱりアメジストについて研究する!」というので、アメジストの何を調べるつもりなのかを聞いてみると「ママがネットで調べれば?」という始末(怒)。ずっと娘任せで放置していましたが、何もせずにとうとう夏休みは残り1週間。キャンプにも行く予定だったので、実質作業ができるのは3日間くらいしかありません。

そこで助け舟を出したのが旦那でした。
「好きなふくろうでも調べてみたら~?」と。

「ふくろう」と聞いて、がぜんやる気が出た娘!
動物園やふくろうカフェでふくろうの写真を撮影して、いろんなふくろうがいることを自由研究にする!と、あれよあれよと方向性も決まりました。結果的に、飼育員さんに話を聞くことができたおかげで、自由研究らしいものに仕上がって良かったです☆

この自由研究、学校のお友達にも好評だったようで、娘はふくろう博士になったような気分でいます。自由研究は終わりましたが、最近は図書室からはふくろうの本を借りてきて読んでいます。 やっぱり「好きなこと」って夢中になるものですね!大事だな~と思います。

次回はこの自由研究のために訪れたふくろうカフェについて。
そして、娘がふくろう好きになったきっかけの「ふくろうの森」についても書きますね~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/12900/trackback