「たまがわ恐竜大図鑑展」に行ってきました

Makiです♪

日々恐竜愛に満ち満ちていく息子。先日「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー」に行ったことにより、ますますその愛に拍車がかかっています。明けても暮れても恐竜、恐竜。恐竜の図鑑を広げているか、恐竜のDVDを見ているか、さもなければ恐竜の真似をして四足歩行をしているか、翼竜の真似をしてソファの上で腕(羽)を広げているか。口を開いけば、その9割は恐竜のことを話しているのではないか、と思われるほど。

たまがわ恐竜大図鑑展

二子玉川高島屋での『たまがわ恐竜大図鑑展』。8/18(日)まで開催中です!

そんなにも恐竜を愛しているなら、せっかくの夏休みだし、連れて行ってやろうじゃないか。ということで、二子玉川高島屋で開催中の「たまがわ恐竜大図鑑展」に行ってきました。

アマルガサウルス

アマルガサウルスの全身骨格レプリカ。これが一番大きかった

会場にはオープンとほぼ同時に到着。やや通勤にかぶる電車に乗らなければならず大変でしたが、それが正解。着いてすぐはゆっくりと見られましたが、すぐに息子と同じような恐竜愛に満ちた子どもたちでいっぱいになってしまいました。

化石発掘体験

最近、息子はずっと「化石掘りたい」と言っていたので、嬉しかったらしい。アンモナイトのレプリカが出てきた!

正直言って、それほど大きい展示会ではありません。でも、恐竜の骨格だけでなく、クイズ形式で恐竜を探していくようなペーパーを用意してくれていたり(これは無料)、化石発掘や化石のレプリカを作れる体験コーナーがあったりして(こちらは有料)、子どもの興味を惹きながら、知識もつけていくような工夫がありました。さらに、高島屋内をめぐる恐竜のスタンプラリーがあって、全部集めるとプレゼントがもらえるというアトラクションもあって(これまた有料)、息子がどうしてもやりたいと言うので、高島屋内をウロウロ。たぶん、これは店内めぐらせて買い物させるというデパートの作戦だとは思うのですがね。私はケチなので、引っかかりはしませんでしたが(笑)。

オビラプトル

こんなちっこいくせに、結構高いの、こいつ。でも、息子が喜んでいたから、ま、いっか

展示会の帰りは、お決まりの恐竜グッズのショッピングコーナー。でも、こちらは見事に引っかかりましたよー。「ひとつだけ買っていいよ」という言葉に、息子が選んだのはオビラプトルのフィギュア(でも、これもだいぶん安いのに誘導しましたが。だって、最初に選んだティラノサウルスのフィギュアは5000円もするのですのよー!)。ここで私も息子の影響で身につけた恐竜知識を披露させていただきますと、オビラプトルとは「卵泥棒」の意味。卵とともにその化石が発見されたため、オビラプトルがその卵を食べていたと考えられ、その名がつけられたそうです。でも、実はその卵はオビラプトルの子で、現在では卵を温めていたと考えられています。どうよ、私もそこらの大人よりは詳しいはずよっ!(笑)

というわけで、息子も大満足の「たまがわ恐竜大図鑑展」。我が家と同じ、恐竜愛に満ち満ちたお子さんにおすすめです。

そうそう、先日Sumiちゃんの娘ちゃんとお話ししていたら、「スピノサウルス」「アンキロサウルス」といった恐竜の名前や、「隕石が衝突して、恐竜は絶滅した」なんてことも知っていてビックリ。もしや、息子に負けず劣らずの恐竜好き!? この展示会、結構楽しんでくれるかもしれないよー。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/3012/trackback