子どもと舞台芸術 出会いのフォーラム2013

Sumiです☆

洗濯洗剤のこと、Makiちゃんの言うこともごもっとも。私が書いた界面活性剤や合成洗剤の情報は、自分で取材したものではなく、ネットの情報を鵜呑みにして書いたものなので、不正確な情報です。確かに言い過ぎかも。お気に入りの洗剤の使い心地だけを書けば良かったなぁと反省です。ごめんなさいm(_ _)m
これを機会に洗剤について幅広く学んでみよう~っと(*^。^*)ご指摘ありがとうね~♪

さて、きょうはオススメのイベントのご紹介です。
昨日から代々木にある国立オリンピック記念青少年総合センターで「子どもと舞台芸術 出会いのフォーラム2013」が始まりました!
なんだか難しそうなタイトルだけど^^;、中身は面白いものばかり☆
毎日日替わりでいろんな演劇や人形劇、音楽やマジックショーなど、国内33作品、海外1作品が上演されます。

昨日は劇団風の子が演じる「小さい劇場 ぞうのエルマー」を見るために、娘と行ってきました。
ぞうのエルマー
0歳から見られる劇なので、小さい子がたくさん来ていました。最初は手遊びや紙を使った遊びを通して、演じ手が観客と一緒に会場を盛り上げます。
いよいよ劇。一人だけカラフルな色の象、エルマーがみんなと同じ象色になりたい!というお話ですが、「私は私でいい」というメッセージが隠されていて、感動~!とても良い作品だったと思います。

詳しくはこちらのHPをご覧ください☆31日までやってるよ(*^。^*)
子どもと舞台芸術 出会い2013
http://www.kodomotobutai.net/

「あそび☆あーと~体験広場~」も同時に開催されています。
こちらはきょうまでで、10時半~15時半まで。
きょうは和太鼓の体験、パーカッション体験、紙切り体験、竹でおもちゃつくりetc・・・。

人形劇に使われる人形の展示もきょうまでですが、写真撮ってきたのでご紹介します。

人形劇の人形たち

どちらも人形劇に使われる人形です。
実はもっと種類があって、人形の中に手を入れて動かすのは「手遣い人形」。人形に棒を付けて操るのは「棒遣い人形」。人と同じくらいの大きさの人形を人が黒子になって動かす「文楽人形」など。その他、指人形や糸操り人形、影絵人形などもあるそうです。
ふら~っと寄った展示場でしたが、そんな人形劇の奥深さに触れることもできました。

この日は、京都から来ているちょっと変わった人形劇団がいました☆
「P・ことり座」という人形劇団で、こんな小さな箱の中で人形を動かしています。
ことり座
ヘッドホンをして、耳から流れてくる音楽に耳を澄ましながら、箱の中を覗きこむ。
音楽に合わせて人形がちょこまか動く1分ちょっとの人形劇。セリフはありません。
なんだろう。このドキドキ感。覗くという行為がワクワクさせるのでしょうか(笑)
また見たくて、何度も並ぶ子どももたくさんいました。
人は穴があったら覗いてみたくなる・・・人間の本能でしょうか~?(笑)
この展示は残念ながら今日までだって。

人形劇、何を見たらいいの~?という人にオススメなのは27日(土)のショーケースかな。
12時半~17時までの間、5つの人形劇団が20分ほどの作品を見せてくれます。
12:30~「ケロロだジャンプ」あぷぷ人形劇場
13:20~「赤ずきんちゃん」ぱぴぷぺぽ劇場
14:15~「ゆかいなぶーたくん」人形劇団じろっぽ
15:05~「かえるくん・かえるくん」人形劇団ひぽぽたあむ
16:00~「グレコの音楽一座」グレコの音楽一座

1作品だけでも全部見ても大人2000円、子ども500円で楽しめます♪

私と娘は「子ども劇場」に入会しているので、少し安く見ることができます。
娘に見せたいもの、経験させたいこと、そして私が見たいものが山盛りあるので、ここぞとばかり、あと二日は通う予定です☆

私自身、小学生の頃、地域の子ども劇場に入って毎月劇を見に行っていました。そこで見た劇や音楽は今でも良く覚えています。
また、自分が通う小学校以外のお友達ができるのも貴重な体験でした。
いろんな年齢層の人たちと関わりながら、エンターテイメントな世界を通して子育てできたらなぁと思っています。

結局、芸術に触れることで子どもの感性を高めたい!と思っているのは親のエゴかもしれないけどね~^^;
実際、娘は、舞台も楽しかったようだけれど、人形劇の展示場で教わった「紙飛行機」が一番楽しかったみたい。
びっくりするくらいよく飛ぶ紙飛行機なので、これはまた後日ご紹介しますね♪
マギー隆司さんに教わったマジックも楽しかったって。
得意げに何度も家で見せてくれます^^;

私は私、娘は娘。楽しければそれでよし☆
子ども独特の感性も大切にしてあげたいものです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/3029/trackback