お料理教室通いはじめました④

Makiです♪

麦わら帽子って可愛いよね。私も大好き。使えるものはリメイクして使う。モノを大事に扱う心、私も見習わねば、と思います。私は面倒くさがりでいけないわ。

さて、今月もベターホームのお料理教室「和食基本技術の会」にいってまいりました。

この日のメニューは…

・天ぷら・かき揚げ
・たこときゅうりの三杯酢

天ぷらと酢の物

美味しい天ぷら、揚げられるようになりたい!

天ぷらをカリッと揚げるのは、本当に難しい。どうしてもふにゃっと油っぽくなってしまうので、市販の天ぷら粉に頼っていました。私が適当に揚げてもカリッと仕上がる天ぷら粉はとても優秀だと思うけれど、やっぱり小麦粉でも上手く揚げられるようになりたい。ということで、今回の教室、とても楽しみにしていたんですよね。

そこで教わったコツは、「衣は混ぜすぎない」「材料や粉はしっかり冷やしておく」「適温で揚げる」の3つ。エビなどの生ものだけでなく、小麦粉や野菜、水も使う直前までしっかりと冷やしていました。正直言えば、ちょっと面倒ですが、このひと手間が味を変える。我が家で復習するときには、しっかり心がけてみたいと思います。

また、油の温度の見方というものは本でもネットでも調べればいくらでも出てきますが、文字や絵で見るだけではわかりにくいもの。目の前でデモンストレーションをしてもらったおかげで、天ぷらに最適な170℃前後の見分け方をしっかりマスターできました。衣を落として、スーッと下がって、ふっと浮かび上がるくらい。これは文字では説明しにくいなぁ。でも、これは揚げ物全般に役立つ知識で嬉しい。

あと、今回メインではないけれど、すごく美味しかったのが『たこときゅうりの三杯酢』。酢の物やマリネなど酸っぱい料理が大好きで、普段からよく作るのですが、この三杯酢にはしょうがが加えてあって、さらにさっぱり美味しい。

この酢の物がとっても美味しかったので、さっそく翌日の夕ご飯には復習を兼ねて、オクラとわかめ、ミョウガの三杯酢を作ってみました。和え酢は、酢に対し半量程度の砂糖と、塩少々、醤油数滴に千切りしょうがを混ぜたものです。酢の物は水っぽくならないように、直前に和えるのが美味しく作るポイントです。

オクラとわかめ、みょうがの三杯酢

三杯酢の酢の物はよく作るけど、しょうがが入るだけで味がまた変わる!

ところで、今回もこうして楽しく通うことができたその裏には、Sumiちゃんの協力があってこそでした。以前の記事で「息子の預け先を見つけねば」とつぶやいていましたら、Sumiちゃんから「うちで預かるよ~」との有難いお申し出があり、遠慮なく甘えさせていただくことにしました。

Sumiちゃんの娘ちゃんとはよく遊んでいるし、普段から一時保育などにもよく預けているし、楽しく過ごせているでしょ、と息子のことをあまり心配もしていなかったのですが、迎えに行ったら、「お弁当、まだ食べてないのよ~」とSumiちゃんが困った様子。急に足が痛いとか言い出して、お昼も食べずに過ごしていたんですって。どうやら足が痛いというのは単なる言い訳で、実はお友達の家といういつもと違う空間にビビったらしい。男子、意外と繊細なのよね…。(ちなみに、これまでの私の幼稚園児観察によると、女子の方が親がいなくなったとたん、いつもよりも親しげになったり、図々しくなったりする。男子は急にかしこまったり、大人しくなったりする傾向があるような気がする~。どうだろ?)

Sumiちゃんには心配をかけてしまって申し訳なかったですが、そういう場にも慣れてほしいので、また機会あったら、息子をお邪魔させてもらえると嬉しい~。もちろんSumiちゃんの娘ちゃんが我が家に遊びにきてくれるのも大歓迎ですよ!

というわけで、お料理教室の話よりも息子のことの方が長くなってしまったみたいですが、親子ともども良い経験となった一日でした。Sumiちゃん、ありがとう!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/3435/trackback