ヨーロッパスタイルの物干しスタンド

Makiです♪

娘ちゃんの朝顔の絵、上手上手! とっても雰囲気が出ていると思います。写真よりも、こんな素敵な絵で記録が残されていた方が思い出に残るように思います。それにしても、ママとかパパとか書いてくれるのは羨ましいなぁ。息子が描く絵といえば、恐竜だけだからね…。

さて、今日は最近買ったものの中で、私が特に気に入ったものをご紹介します。それはヨーロッパスタイルの物干しスタンド『CASASI elegant カサシ エレガント』です。

「ヨーロッパスタイルとはなんぞや?」と思うかもしれませんが、どうやらワイヤータイプの物干しを呼ぶらしい。この物干しのいいところは、とっても軽くて、折りたたむとコンパクトになること。でも、広げると、予想以上にたくさん干せます。

私は基本的に外干し派なので(太陽のにおいがする洗濯物が好き!)、この物干しスタンドをベランダに出して、ハンガーにかけられるものは物干しざおに、タオルなどのそれ以外のものをここに干して使っていますが、雨が降ったら、室内に持ち込んで部屋干し用に使います。普段は二階のリビングで部屋干しするのですが、お客さんがあるときなどは一階の別の部屋に運びます。洗濯物をあっちこっちに動かす作業って正直、非常に面倒くさい。でも、これは軽くて持ち運びが楽なので、それほど億劫に感じないのも素晴らしいところ。

物干しスタンド

我が家の見苦しい洗濯物で失礼します。でも、一度にこんなにたくさん干せます~

ハンガーもたくさんかかるので、家族三人分の一日量なら、これで全部干しきれてしまいます。普段はこんなふうに使っていますが、使い方次第で平干しもできるし、小さなものもワイヤーごと洗濯バサミで止めてしまうので、飛んでしまう心配もない。私にとっては文句を言うことなしの物干しスタンドです。

ちなみに、これを使う前も同じスタイルの『オアンス クロスドライヤー』を使っていました。ワイヤータイプのヨーロッパスタイルで、干せる量もほぼ同じですが、色が白で少し小ぶりです。こちらの方がデザインは好きで気に入っていたのですが、5年ほど使ったところでワイヤーが次々と取れてしまいました。その点、『CASASI elegant カサシ エレガント』の方がワイヤー部分が枠にしっかり組み込まれているので、頑丈そうです。気温差の激しいベランダで使っていたため、劣化が早かったのかな、と思います。部屋干しのみで使っていれば、大丈夫かもしれません。

いずれも物干しスタンドにしては値段がちょっと高いですが、その値段分の価値があると思います。っていうか、どうして日本製の物干しスタンドって、物干しざおタイプが多いんだろう。日本の伝統だからかしらん。突然の雨が多い今日この頃、物干しスタンドをお探しの方、ヨーロッパスタイルもおすすめです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/3699/trackback