カボスの季節

Sumiです☆

暑くてもカラっと晴れたお天気が続いています。
「さわやか」という言葉がぴったりの季節になってきたね~!
NHK時代、秋は「さわやか」を使い、初夏には「すがすがしい」を使うと教わりました。
民放の気象予報士さんも使い分けているように思います。
みなさんも、天気予報の時にチェックしてみてね♪

そんな秋の気配が熊本からもやってきました!
先週届いた宅配の野菜の中に、カボスがたっぷり入っていたのです☆

カボス

切ってみると、さわやかな香りが♪

カボスの生産地としては、大分県が有名ですが、お隣、熊本県でも生産しています。
熊本で暮らしていた時は、一袋に10個くらい入って150円とか、200円で売っていて驚きました。東京で買ったら結構高いですもんね~

使い方は簡単!
カボスを絞り、お醤油と混ぜれば即席のポン酢になるし、
オリーブオイルと塩に混ぜればさわやかなドレッシングになります。
カボスの味に慣れて気付いたことが、レモンは甘いってこと。

我が家では、ドレッシングを手作りしています。
レモンを使った時の味わいは、キュートな甘さが引き立つ感じ。
一方、カボスを使った時の味わいは、ピリッと大人な感じに仕上がります。

カボスはお魚にもよく合う!
秋はサンマが美味しいから、絞って食べたいなぁ~☆
あ~、食欲の秋(笑)

そして、秋の夜長・・・。
こんな楽しみも♪

焼酎

焼酎にカボス♪

朝から失礼~(笑)

******************************************

【追記】

実はね・・・、これ「スダチ」だったの!(爆笑)
自分でも抜け作過ぎて笑っちゃう!
大きかったから、カボスだと思い込んじゃったの^^;
見た目も似ているし、味も比べたことないから、
カボスだと思ってスダチを味わってました^^;きゃ~!

野菜ソムリエ失格だね~。
ジュニアだから勘弁して~と言い訳してみる。

この機会にカボスとスダチの違いを調べてみました。

カボスは大分県の特産で、旬は9月~10月。
スダチは徳島県の特産で、旬は8月~12月。
見分けるポイントは、やはり大きさでした。
大きい方がカボス(100~150g)、小さい方がスダチ(30~40g)です。
味わいも違うらしいから、比べてみたいな~!
比べたら、また追記します!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/3816/trackback