いちじくの赤ワイン煮

Sumiです☆

きょうは中秋の名月。
昨日の月もきれいだったけれど、今日も真ん丸お月様、見られるといいなぁ~。

さて、みなさん、突然ですが、いちじくは好きですか?

小さいころ、実家にはいちじくの木がありました。
もぎ取ってその場で食べるのが大好きで
いつも実がなる夏を楽しみにしていたのですが、
甘さにつられて蜂がたくさん飛んでくる・・・という危険も^^;

かなり大きな木だったので、夏になると、大量に収穫できます。
生で味わいつつ、大半をコンポートにして保存しながら
長く味わうのが小柴家流でした。
母がよく作ってくれたのを覚えています。
年を取るにつれ、手入れが行き届かなくなり、
蜂もたくさんくるので、木を伐ってしまいました。
今、その姿はありませんが、心の中に生きています。

イチジクには、夏に実がなるもの、秋に実がなるもの、
そして、初夏と秋の両方に実がなるものがあるそうです。

今、スーパーの果物コーナーには
ずら~っといちじくが並んでいますから
秋に実がなるいちじくが旬を迎えているんでしょうね。

いちじく

本当は8個あったのだけれど、2個は生で食べちゃった☆

そんなわけで、早速、赤ワイン煮を作りました。

これまた分量は適当です(笑)
甘さが足りないときは足せばよいしね(*^。^*)

●いちじくの赤ワイン煮
【材料】
いちじく 2パック
水 鍋にいちじくが2/3かぶるくらい
きび砂糖 大さじ3
赤ワイン 大さじ3

【作り方】
1)いちじくを鍋に入れ、いちじくが2/3隠れるくらいにの水、きび砂糖、赤ワインを入れて煮ます。
  鍋の仕様によっては、隠れるくらい入れてもいいと思います。
  我が家の鍋(日本タッパウエアー)にはこれくらいがベスト☆

2)沸騰したら弱火にして蓋をして10分くらいコトコト煮たら火を止めます。
  後はそのまま放置しておけば、余熱でいい感じに仕上がります☆

赤ワイン煮

私は皮ごと煮ていますが、皮をむいても作れます。

これだけです。
ちょっとさっぱりさせたい時はレモンの輪切りも入れて一緒に煮ますが、
冷蔵庫にレモンがなかったので、今回は入れませんでした。

我が家では、朝食にはなるべく果物を取り入れるようにしています。
糖分が身体を元気にしてくれますからね~♪
「朝の果物は金」
byジュニア野菜ソムリエ 小柴寿美子

今朝はヨーグルトをかけていただきました。

よく、赤ワイン煮って子どもに大丈夫なの?って聞かれますが、
大丈夫ですよ~!
アルコールは飛んじゃってますから☆
我が家では5歳の娘も食べてます。
ま、赤ワインを入れず、砂糖だけで煮ても美味しいですけどね(*^。^*)☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/3988/trackback