里芋の皮のから揚げ

Sumiです☆

突然ですが、問題です。
これはいったい、なんのから揚げでしょう~?

里芋の皮のから揚げ

正解は里芋の皮です☆

・・タイトル読めばわかりますね・・^^;

昨日「こづゆ」について記事を書きました。
里芋を料理に使う時、私が楽しみにしているもう一品が、
この「里芋の皮のから揚げ」なのです。

里芋の皮

里芋の皮

これをから揚げにして食べると美味しいんです☆
熊本にあったマクロビオテックのお店で食べた料理だったのですが、
すご~く美味しかったので、それから我が家の定番料理になりました。

え~?本当に美味しいの~?って思ったそこのあなた!
本当に美味しいから、ぜひ作ってみて~(*^。^*)/

コツは、里芋の皮をむくときに、芋の部分も入るように分厚く皮をむくことです☆

作り方はいたって簡単!

里芋を洗います。
たわしでゴシゴシ洗うときれいになりますよ!
皮を分厚くむきます。

小麦

里芋の皮に片栗粉をまぶします。

この日は片栗粉をきらしていたので
変わりに小麦粉と水で衣を作りました^^;

里芋の皮だけでもよいですが、私はここにネギを入れるのが好きです。
この日は、消費したかった素干しあみえびを入れました。

揚げる

油でカリッとあげるだけ~

塩を振っていただきます。

おかずにもなるし、お酒のおつまみにもいいですよ☆
娘も旦那も大好きな一品です(*^。^*)

今回は小麦粉を使ったので、里芋の皮の天ぷらになっちゃいましたが^^;
これもまた美味しかったです☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/4115/trackback