サツマイモのハニーマヨマスタード和え

Makiです♪

Sumiちゃんの新・コーヒーメーカーいいね~。コーヒーメーカーによっても味はずいぶん違うもんだよね。こちらも、今度試飲させていただかねば(←図々しい)。

さて、先日もご紹介したように、息子が掘ってきたサツマイモのうち、小さめの3本は大学芋になりました。取っておいた残りの1本、「すごく長いの掘ってきたんだよー」と息子がたいそう自慢していたのですが、切ってみると、半分くらい中が黒ずんでいて、その部分は食べられそうにありません…。しかも、縦に黒ずみが走っているので、輪切りにもなりません。

さて、どうしよう。そこで思い出したのが、サツマイモのハニーマヨマスタード和え。これなら切り方がいびつでも、量が少なくても大丈夫。

まず角切りにして、水につけ、アク抜きします。

サツマイモのハニーマヨマスタード和え

小さなボウルにほんのちょびっとになってしまいました…

素揚げします。

サツマイモのハニーマヨマスタード和え

カリカリになるまで揚げてください

最後に、はちみつとマヨネーズ、粒マスタードで和えます。

サツマイモのハニーマヨマスタード和え

粒マスタードたっぷりが好みです♪

完成!

サツマイモのハニーマヨマスタード和え

表面カリッと、中はホクッと。甘酸っぱさが美味しいよ

カリカリに揚がったサツマイモに、甘酸っぱいソースがよく合うんですよ。友達と家飲み会を開いたときによく作っていたのですが、お酒にもよく合い、好評なメニューでした。我が家で使っているマスタードはあまり辛味がないものなので、息子でも食べられます。大好物。このはちみつ+マヨネーズ+粒マスタードのソースは、カボチャやお豆など甘めの野菜によく合います。お試しあれー。

そうそう、Sumiちゃんのご指摘通り、4本のうち1本だけ切ったときに中がオレンジ色のサツマイモがありました。あれが安納芋だったのかも。でも、全部まとめて揚げて、大学芋になっちゃったので、味の違いがわからなかったー。失敗。次は見た目で判別しつつ、料理を考えなくちゃね。息子の持ってくる芋が立派なことと併せて、来年に期待しようと思います!

《グラドール》粒マスタード【350g】

《グラドール》粒マスタード【350g】
価格:577円(税込、送料別)

愛用の粒マスタード。酸味と辛味が柔らかいので、子どもでも食べられます。サラダに、マリネに、お肉に塗って焼いたりと、我が家では大活躍する一品です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/4648/trackback