妊娠線予防オイル

Makiです♪

Sumiちゃんの娘ちゃん、菊の花が美味しいだなんて味覚が渋いっ! 私は正直、花は愛でるもの…食べてもあんまり美味しいと思えず、自分では料理したことがありません。あ、でも、そういえば、子どものころ、祖母が時々買ってきてくれる『晩菊』というお漬物が好きだったことを思い出しました。あれは菊の花が入っていたはず。久々に食べたいなぁ。

ところで、話は変わって。

妊娠線とは、急激に大きくなるお腹に皮が耐え切れず、できてしまう亀裂のこと。一度できると、薄くなることはあっても消えることはありません。息子とお風呂にはいるときに「お母さんのお腹のボコボコなに?」と聞かれたことがありますが、私のお腹にはすでにしっかりくっきりあります、妊娠線。息子には「キミがお腹で育てた名誉の勲章だよ」と伝えてありますが、もっとちゃんと手入れしておけば、きっとできなかったんでしょうねぇ。

この妊娠線を予防するために、妊娠線対策のクリームやオイルなどがあります。以前使っていたのは、とても評判のいい『ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム』。毎晩お風呂上りに塗っていましたが、結構高いものだから、少量をケチって使っていたのがいけなかったんだと思う…。と今さら嘆いてもどうしようもないんですけど。

今回は第二子ということもあり、お腹の大きくなるスピードが速いようです。以前の5ヵ月のときより立派なお腹。しかも、乾燥しているせいか、痒みも出てきました。そろそろ対策をしなきゃヤバイ。これ以上こんな勲章増やしたって仕方ないですからね。

というわけで、先日購入したのが『AMOMA マタニティベリーオイル』です。以前使っていたクリームも決して悪いものではなかったと思うので、ちょっと迷ったのですが、柑橘系の香りがするオイルというところに惹かれました。

さて、実際に使ってみます。まず手のひらに出したところで、私好みのふわりと漂うオレンジの香りに癒されます。精油の自然な香りがしばらく続いて、つけたあとも気分良く過ごせるのがいいところです。

『AMOMA マタニティベリーオイル

柑橘系のいい香り。私の超好みです

お腹に伸ばすと、つるつると滑りがよく、ほんのりと温かくなる感じ。クリームは手で温めてもなかなか温まりにくい感じがしましたが、オイルは温度を伝えやすいのかすぐに温かくなり、お腹につけたときにヒヤリとする嫌な感じがありません。一晩寝て朝起きたときにお腹を触ってみると、まだしっとりとした感じが続いていて、保湿力も高そうです。いいかも~。

マッサージをしながらつけるのがひと手間と言えばひと手間ですが、たまにゆるりとした時間をもつのもいいもの。息子の妊娠中は手を当てたり話しかけたりとゆっくりとお腹の赤ちゃんを気にすることもできましたが、今はどうしても時間も余裕も足りなくなりがち。お腹のお手入れをするときくらいは、赤ちゃんと二人の時間をするのもいいかもしれませんね。

これ以上妊娠線が増えてしまうのかどうか…は産んでみるまでわかりませんが、しばらくはこのオイルで対策に励みたいと思います!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/4904/trackback