みしらず柿

Sumiです☆

土鍋、我が家にもあります!いただき物で、以前はご飯を炊くために使っていました。でも、今は圧力鍋でご飯を炊いているので、お蔵入りしていました。よし!使ってみよう~♪

さて、季節になると毎年両親が送ってくれる品がいくつかあるのですが、その一つが今年も届きました~!

みしらず柿

会津みしらず柿です~♪

「みしらず柿」ご存知ですか?
「見知らず柿」「身不知柿」とも書きます。
私の故郷、福島県会津地方の特産です。

みしらず柿は渋柿なので、そのままでは食べられません。
焼酎でさわして渋を抜くのが一般的。
「さわす」も会津弁なのかな~^^;?
柿のヘタの部分を一度焼酎につけてからビニール袋に入れ、密封して保管しておくことを指すのですが、そうしておくと2、3週間で甘くなるから不思議です。昔の人の知恵はすごいよね~♪

名前の由来にはいくつか説があるようですが、私が両親からよく聞いていたのは「あまりにも美味しい柿なので身の程知らずにたくさん食べてしまう」というもの。皇室への献上柿としても有名です。

早速味わってみると、まだちょっと固め。
父はこの固さが好きなのですが、母はドロドロになるくらい柔らかくなった柿が好き☆
私はこの中間くらいが好みです。まさに父と母を足して2で割った感じだなぁ~(笑)

そのまま食べても美味しいのだけれど、こんな食べ方もあるんですよ~♪

浅漬け

カブと一緒にゆず胡椒と塩で浅漬けにします♪

「みしらず柿&カブのゆず胡椒de浅漬け」
みじらず柿とカブをくし切りにします。カブは塩漬けにしてしんなりさせてから、柿とゆず胡椒で和えるだけ。
ゆず胡椒はピリ辛なので、少量で和えるのがポイントです♪

分量

柿1個と小さ目のカブ2個でゆず胡椒このくらいです。

ゆず胡椒は手でカブにこすりつけながらまぶすとやりやすいです。

まぶす

少し置くと味がなじんできますよ~

入れすぎると辛くなりすぎるのでご注意を(*^。^*)/

ゆず胡椒・・・と言いながら、今回、私が使ったのはこれ!

かぼす胡椒

かぼす胡椒です~♪旦那の実家が大分なもので~(*^。^*)

子ども用には塩麹だけの浅漬けを作ります。塩麹だと少しコクがでる感じです。
柿そのものが甘いので、さっぱり味がお好みの場合は、塩だけの浅漬けも美味しいですよ~♪

以前、Makiちゃんが柿のコンポートを紹介していましたね!
たくさんあるので、今度私も作ってみようと思っています。
他にもオススメの食べ方があれば教えてくださいね~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/5208/trackback