スイートスプリングdeマーマレード♪

Sumiです☆

Makiちゃんが通っているお料理教室のメニュー、今回はお正月料理だったんだね~!
私は熊本で過ごした3年間、実家に戻ることもできなかったので、自分でおせちを作っていました。やってみると、結構これが楽しい!Makiちゃんなら絶対上手に作れると思うわ~(*^。^*)

さて、先日食べたスイートスプリングの皮を使ってマーマレードを作りました♪

マーマレード

ようやく苦みがないマーマレードを作ることができました!

以前、熊本の果樹農家さんからをパール柑で作るマーマレードを教わったことがあります。
柑橘類ならその作り方でなんでもOK!ということだったので、その後、いろんな柑橘類で挑戦してきたものの、何度作っても苦みが残ってしまい、惨敗してきたものなんです(TT)

なんとか美味しくできないか・・・その答えは、当たり前ながら^^;、皮の苦みを完全に取ることにありました!

上手にできたので作り方をおすそ分け~☆
教わった内容を元に自分でアレンジした材料と作り方です♪

【材料】
スイートスプリングの皮・・2個分
スイートスプリングのさのう(袋)・・2個分
ミカンの果汁 3個分
きび糖・・・全体(皮、果汁、さのう)の50%

材料

左側が「さのう」。柑橘類の実が入っている袋のことを言うそうです

さのうにはペクチンが入っていて、これを入れることによってジャムが固まるそうです。
また、種を水に浸しておくと、ペクチンが出てくるので、そのペクチンもジャムに使うそうですよ。今回は、種のペクチンは使いませんでした。

果汁は先日寒天に使ってしまい、さのうと皮しか残っていなかったので、果汁はミカンで代用することにしました。

【作り方】
●1日目
1)スイートスプリングの皮を食べやすい大きさに切って、2回ゆでこぼします。

皮をゆでる

2回目だけど、これでもまだ苦い~><

2)ゆでこぼしたスイートスプリングの皮を水にさらして一晩放置。
 一晩たって味見をしてみたものの、まだ苦みが残っていました。
 水を変えて、放置した後、すっかり忘れてしまい、もう一晩経ちました^^;
 でも!これが良かった!二晩目にはもう苦みがなくなっていたのです☆

3)さのうの固い部分を切り取り、柔らかいところだけ2回ゆでこぼします。

4)3)とみかんの果汁をミキサーに入れます。

ミキサー1

さのうとみかんの果汁を入れてスイッチオン♪



ミキサー2

ちょっとドロっとした感じです。今回はこれを冷蔵庫で2日間保管しました。

●3日目
5)2)と4)を鍋に入れて重さを量り、その50%のきび糖を入れて煮ます。

煮る

材料をすべて入れて煮ます

6)完成~!

完成

仕上がってきました~!

今回は甘~く美味しくできました!
ポイントはやはり、皮の苦みを完全にとることのようです。
一晩水にさらして苦い時は、水を変えながら二晩様子を見ると良いようです(*^。^*)

砂糖の量、教わった時は、正直「こんなに入れるの~?><」と思っていました。
以前、カジュアルフレンチのシェフから教わったフルーツのコンフィチュールは、果物の10%の砂糖で煮ていました。マーマレードを作る時も10%で作ったこともあるのですが、どうしても冷蔵庫の中でカビてしまうのです。やはり、長期保存のためには、砂糖がたくさん必要なんですね~。

このマーマレードは結局3日かけて完成しました。
えー、大変・・><・・・と思ったかしら?
そうでもないんです。なんせ、放置しながらの三日間でしたから(笑)
ぜひお試しあれ~☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/5649/trackback