第四回お料理会 – お正月おもてなし料理

Makiです♪

先月のことになりますが、第四回お料理会を開催しました(これまでのお料理会は、第一回第二回第三回番外編)。今回のテーマは時期的に遅くなってしまいましたが、お正月のおもてなし料理。お節料理として定番の料理をお重に詰めてお出しする和の料理とテーブルコーディネートを提案させていただきました。

まず最初にウェルカムドリンク。

和のテーマということで、日本酒を使ったカクテル・日本酒トニック。一口おつまみは卵黄の味噌漬け。卵黄の味噌漬けは、実家のお節料理の定番。生の卵の黄身を味噌や醤油に漬けておくと固まって、半熟状になるのですが、これが濃厚な卵が味わえます。この料理、意外性が高かったようで、驚きの声が上がっていたのが嬉しかったです♪

ウェルカムドリンクと一口おつまみ

日本酒にトニックウォーターを注ぎ、ライムを添えた日本酒トニック。日本酒が苦手という人でもこれなら飲みやすい!

さて、今回のメニューは…

・くるみ田作り
・りんごきんとん
・卵の千草焼き
・筑前煮
・えびのつや煮
・菊花かぶ
・カニカマとサーモンのきぬた巻き
・鮭の寿司
・餅のお吸い物

お正月のおもてなし料理

お重など漆器を中心にしたテーブルコーディネート。黒い風呂敷をテーブルクロス代わりに使っています

我が家のお節料理の定番料理を中心に作ってみましたが、「これ、作ったことない!」「初めて知った!」なんて声が上がっていました。お節料理は家庭や地域の色も濃く、また時代とともに少しずつ変化していくもので、馴染みのある料理も各家庭それぞれなんでしょうね。また、最近はお節料理自体作る家庭も減っているのかな。

私自身もお正月は夫婦の実家に帰省することが多く、お節料理をきちんと作ることがないので、こういう機会に我が家の味を振り返ることができたのは有難かったです。やや自己満足色の強いお料理会ですが、参加してくださったみなさま、ありがとうございました!

お正月のおもてなし料理

黒豆は参加してくれた友達からの差し入れ。よりお正月らしさがアップ。ふっくら美味しいお豆でした~

お正月のおもてなし料理

今回もSumiちゃんにはいろいろとお手伝いいただきました。酢の物二品と、お正月らしさをイメージした扇ナプキン、折鶴箸置きは前日から一緒に作っておいたもの。ありがとう!

そうそう、今回のお料理会で、実はすごく苦労したことがありました。それはお正月を過ぎてからお節料理を作ろうとすると、簡単に食材が見つからないということ。年末はスーパーでも田作り用のごまめがたくさん売られていましたが、今はあちこち探したけれど見つからず。仕方なく「食べる煮干し」で代用(でも、意外と美味しかった!)。あと、有頭えびもなかったので、こちら↓をネットで調達しました。やっぱり、この企画は時期にふさわしい12月中にやるべきだったわー、というのが今回の反省でもあります。

今回で第四回となったお料理会。私の気力と身体がついてくれば、出産までにキリよく第五回まで、もう一回開催したなぁ、と思っています。次回は、身体が重い今だからこその超お手軽&簡単、でも豪華に見えるホームパーティなんてテーマで開こうかな。

参加してくださったみなさま、開催できたあかつきには、出産前最後の私の楽しみにぜひお付き合いくださいませ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/6368/trackback