納豆ひしお(麹納豆)

Sumiです☆

Makiちゃん・・・いろいろ大変だったね(TT)息子ちゃんも回復してきて良かった!
そんな中、アクリルタワシをお料理会のプチギフト用に手作りしてくれていたなんて!なんて優しいの!読みながらじ~んとしました。お料理会残念だったけど、今は赤ちゃんとMakiちゃんの体の方が大事。再開するのを楽しみに待ってるね!アクリルタワシ遠慮なく使わせていただきます!どうもありがとうm(_ _)m

我が家には、先日、実家の母から贈り物が届きました。
段ボールの中には、イチゴやお菓子などいろいろ入っていましたが、こんなものも入っていました。

納豆ひしお材料

「納豆ひしお」の材料です^^;

みなさんは「納豆ひしお」ってご存知ですか?納豆と米麹を混ぜて作る常備菜で「麹納豆」とも言われるそうです。母の友人の間で流行っているそうですが、私は知らなかった~^^;
確か、一度実家に帰った時にいただいたような・・・。甘じょっぱくて、ご飯と一緒に食べると美味しかった覚えもあります。

納豆ひしお

ご飯のお供にGOOD♪

早速、レシピ通りに作ってみた所、出来上がりの量が多すぎ!^^;
みなさんには、母から教わった半分の量で作り方をご紹介しますね~。

【材料】
納豆 100g
米麹 100g
人参 1/2本~1本(千切り)
かごめ昆布 15g~20g 
醤油 75cc
お酒 大さじ1
みりん 80cc

【作り方】(写真は分量の2倍のものなのでご注意を…)

1)鍋に醤油とお酒、みりんを入れて沸騰させ、千切りにした人参を入れて1、2分煮る。
  固めがお好みの場合は、沸騰した所に1)を入れ、直後に火を止め、蓋をして人肌に冷めるまで置いてもよい。

人参を煮る

2)1)が人肌まで冷めたら米麹を入れ、蓋をして冷めるまで置く。
 ※熱いうちに米麹を入れると菌が死んでしまうので必ず人肌まで冷ますこと。

麹を入れる

3)2)が完全に冷めたら納豆と昆布を入れてよく混ぜる。はい、出来上がり~!

納豆を入れる

その日から食べられて、冷蔵庫で1か月は保存できるそうです。

と、ここまでは良かったのですが、イマイチ、腑に落ちない点もあるんです。

実は、作りたてを食べた時、正直、米麹がまだ固いと思いました。
旦那にも食べてもらった所、
「うまいんだけどさ、納豆菌って結構強いから、一緒にしたら、米麹の菌が死んじゃうんじゃないの?」

えー!そうなの?
むむむ・・・・。頭良い人は言うことが違うね~^^;

調べてみると、確かに納豆菌と麹菌の相性はイマイチでした><。
納豆菌が非常に強い繁殖力を持つため、麹菌の増殖を抑え込んでしまうのだそうです。
麹を扱う酒蔵の杜氏は、納豆菌が麹の発酵の妨げになるから、納豆を食べないのだとか。

じゃあ、納豆ひしお(麹納豆)はどうして納豆と麹を一緒にして食べるの?
食べた時に麹が固いと思ったのは、やっぱり納豆菌に負けて、麹菌は実力発揮できないでいるからなのでしょうか?

もしかしたら、3)の工程で完全に冷めるまでという所を最低でも1日ぐらい放置した方が良かったのでしょうか?なぜなら、麹菌が発酵しているように思えなかったからなのです。塩麹を作る時は、塩と麹を混ぜて常温で1週間くらいは放置します。とはいえ、例え米麹をお醤油で発酵させて醤油麹にしてから納豆と混ぜたところで、やはり納豆菌が勝ってしまうのでしょうか?母に聞いてもわかりませんでした。

なぞは深まるばかりで、その後冷蔵庫に保管し、食べながら様子を見ていますが、アルコール臭とねばねばが強まっていくばかり。
あ~、料理は化学!誰か菌に詳しい人、教えて欲しい~!米麹菌は生きてるでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/7270/trackback