マキタの掃除機、買いました♪

Makiです♪

Sumiちゃん、一年間幼稚園の役員、お疲れさまでした~。役員のお仕事、私は話を聞いていただけですが、やることも考えることもたくさんあって大変だったと思います。おかげさまで、一年間親も子も幼稚園生活を楽しく過ごさせてもらって、本当に感謝。Sumiちゃんの人望や努力、影ながら素晴らしいなぁ、と思っていました。

卒業式も無事に終わり、役員のお仕事もあとわずか。最後まで応援することしかできないけど、心から応援していますよ~。頑張れ!

さて、話はガラリと変わりまして、急に現実的になりますが、4月になると消費税が上がります。駆け込みで買い物を済ませようとしている人も多いと思いますが、我が家もご多分にもれず。どうせ必要で使い切ることがわかっているものなら、安いうちに買いたいですものね。

先日買ったのがマキタの掃除機。我が家は二階建ての一戸建てなのですが、普通にコードの掃除機だと階段などをかけにくい。特に、今は妊娠中でバランスも悪く、できれば軽くてコードレスの掃除機が欲しいなぁ、と思っていたのです。

マキタの掃除機

念願のマキタ、買いました~

マキタの掃除機の評判は、軽くて吸引力も高く使いやすいと、以前からよく耳にしていました。シンプルなデザインも私好み。でも、いざ買おうと調べ始めてみたら、マキタといえど、いろんな種類があって、いったいどれがいいのやら…。わけがわからず、面倒になっちゃったので、オットに「調べてー」とお願いしちゃいました(笑)。で、こういう調べ事が上手なオットから情報が下りてきまして、わかったのは…

● 一階二階同時に掃除機をかけると、ある程度時間がかかるので、バッテリー容量が大きい方がよさそうということ
● スイッチは「トリガ式」か「ワンタッチ式」。トリガ式は掃除機をかけている間、ずっと押したままにしなけれならないので、握力の少ない私には大変そう。
● ゴミの捨て方は「紙パック式」か「カプセル式」。紙パックの方がゴミ捨てはラクそうだけれど、コストはかかる。毎度消耗品となる紙パックを買うのは、ズボラな私は忘れそう。

これらの条件から選んだのが「CL141FD」というタイプです。バッテリー容量が大きく、スイッチはワンタッチ式で、ゴミ捨てはカプセル式のものを選びました。

実際に使ってみた最初の感想は「軽い! 小回りが利く!」。これまで掃除機にはコードがあるのが当たり前だと思っていましたが、それがないだけでこんなに動きやすいのか、と驚かされました。これなら身の重たい妊娠中でもだいぶん気軽に掃除機がかけられそう。お腹が大きくなってきてから、掃除機がけは家事の中でも一、二を争うほどしんどいものだったのでね。

コンパクトなだけあってゴミはそれほど溜められないので、その都度ゴミを捨てなくてはいけないのはちょっと面倒かも。でも、掃除機をかけたらゴミを捨てるという習慣が身につけば、むしろ衛生的かもしれません。

せっかく軽くて機動性の高い掃除機なので、こまめに使えるようにしておくために、我が家ではリビングの隅に出しっぱなしにしておくことにしました。うまい具合に立てかけられる隙間がある場合は要らないかもしれませんが、そうでないときは専用のスタンドも併せて買っておくと便利です。すっきりスマートに収納できます。

ちなみに、我が家の理想としては、このマキタの掃除機をセカンド掃除機にして、メインにお掃除ロボット・ルンバにすること。普段はルンバに掃除をおまかせして、階段とかルンバが入れない場所だけマキタでささっとやれたらいいなぁ、と思っているのですが…。今回の消費税前には我が家のお財布事情では手が出せなかったぁ! ま、少しずつ理想の暮らしに近づけるよう、しっかり稼がねばいけませんな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/7648/trackback