ピアノの発表会と、息子の新曲

Makiです♪

4月になりましたね。そうそう、すっかり忘れていましたが、切手も消費税で値段がアップするんでしたね。仕事などでも郵便を発送することが多いので、用意しておかなくちゃ!

さて、週末に息子のピアノの発表会がありました。

ピアノの発表会

演奏前にあいさつしているところ。かなり緊張した顔をしています!

ピアノを習い始めて丸一年。初めての発表会。かなり緊張した面持ちながらも、ピアノの前に座れば堂々としたもので、短い曲とはいえ4曲、ミスすることなく弾ききりました。家での練習やリハーサルではどこかしら間違えていたのに、案外本番に強いのね。おまけに、発表会が終わったそばから「来年は何弾こうかなぁ」なんて楽しみにしている様子。母である私は子どものころから人前に立つのが苦手で緊張しいだというのに、息子は意外にも度胸があって目立ちたがり屋なのかしらん。息子の意外な面を見せてもらえる、いい機会となりました。

そうそう、このピアノの発表会は子どもだけでなく、大人の演奏や歌などもあり、バラエティ豊かで楽しいものでした。小学生の男の子とお母さんの連弾の演奏もあり、二人で呼吸を合わせる仲睦まじい姿を見て、「私も息子と一緒に連弾してみたい!」と思ってみたり。今年は臨月ということで辞退しましたが、来年の発表会には私も出ることを目標に頑張ってみようかな。何事も目標があった方が楽しいですもんね。

さて、そんなピアノ好き音楽好きの息子ですが、最近また新曲を作りました。以前もオリジナルソングを作ったと書いたことがありますが、今回は両手で弾くピアノ曲。その場限りの適当な曲を弾くことはよくありますが、毎日同じメロディを弾き続けていたので、「これは残しておきたい!」と楽譜に起こしてみました。

タイトルは「きつねがとんだ」。きつねが跳ねている様子を表したんですって。親ばかですが、なかなか可愛らしいメロディと歌詞でしょう(笑)。(写真をクリックすると大きくなります)

きつねがとんだ
きつねがとんだ

簡単な曲とはいえ、大人になると、こんなに自然に自分の中から音楽が溢れだしてくるなんてことはないもの。子育てをしていると、子どもの柔らかい発想と自由な感覚に驚かされることばかりです。子育てをしていて特に楽しいのは、こんなふうに子どもが持っている素敵なチカラに気づけたときだと思います。

時として自分の思いどおりに子どもを動かしたくなってしまい、自分の経験や感覚を押しつけてしまうこともあるけれど。子どもの持つ大事なものを私が押しつぶしてしまわないよう、息子の「好き」や「楽しい」を大事にしたい。そんなふうに思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/7930/trackback