紅ほっぺジャム

Sumiです☆

昨日、出産のため病院に向かったMakiちゃんから「元気な女の赤ちゃんが生まれたよ~☆」という朗報が届きました♪Makiちゃんおめでとう~☆良かった、良かった(*^。^*)!自分のことのようにうれしいわ~♪実は、昨日は私の妹の誕生日でもあります。同じ日に生まれるなんて奇遇だね♪きっと天真爛漫な女の子に育つに違いないわ!!Makiちゃん、産後は大切なのでゆっくり養生してね♪ブログはしばらく私一人で綴っていきますが、どうぞよろしくお願いします。

さて、実家(福島県会津若松市)からイチゴが届きました~!
どっさり4パック(*^。^*)

いちご

「紅ほっぺ」という品種です。めちゃくちゃ甘くておいしい~☆

北会津地域ではイチゴ栽培が盛んで「紅ほっぺ」という品種がぴか一に美味しいです☆これいちご?って思うくらいに甘いの~♪他の産地の紅ほっぺを食べてもこんなに甘く感じないので、栽培方法に何か秘密でもあるのかしらね~?

このイチゴちゃんたち、完熟しているものが送られてきたせいか、パックの底のイチゴは残念ながらつぶれていました><
冷蔵便とはいえ、遠路はるばる宅配のトラックに揺られて運ばれてきたんですものね。仕方がない。きれいなままのイチゴは生食用にとって置いて、つぶれたイチゴを使ってジャムを作ることにしました♪

●紅ほっぺジャム

【材料】
紅ほっぺジャム 810g
キビ砂糖 80g
(レモン汁 あれば少々)

煮る

鍋にイチゴとキビ砂糖を入れて中火にかけます。

果物の量に対する砂糖の分量は10%です。
カジュアルフレンチレストランのシェフに教わった果物ソースの分量なのですが、私はそれを煮詰めてジャムにしています。さっぱりした味わいのジャムが出来て美味しいですよ~☆
レモンがある場合は、絞り汁を少々入れてください。発色が良くなります♪

【作り方】
1)材料をすべて鍋に入れ、蓋をして中火にかける。

5分後

5分後、いちごの水分が出てきました~!

2)中火より少し弱火にしてコトコト煮詰めます。
  時々へらで混ぜながら20分くらい煮込みます。

3)水分を飛ばして一気に仕上げます。
  中火に戻し、鍋底が焦げないようにヘラでかき混ぜながら5分くらい煮ます。

煮詰める

みるみる水分が飛んでいきます

はい、完成~!

紅ほっぺジャム

紅ほっぺジャム完成~!

煮沸消毒した容器に入れました。ちょうど市販のイチゴジャムが入っていた容器です♪
砂糖の分量が少ないので、日持ちはしません。
1週間くらいで食べきるのがベストです。食べきれない場合は冷凍してくださいね。

煮詰めずに、水分多めのままイチゴソースとして完成させてもOKですよ!
熱々のソースをバニラアイスに載せて食べると美味しいですよ~♪

ぜひお試しあれ☆

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/8436/trackback