産後とヨガ

Makiです♪

アジの磯巻」またまた美味しそうなお料理を紹介してくれて、Sumiちゃん、ありがとう♪ お魚料理はあまり好ましくない息子ですが、お刺身など生の魚は好きなので喜ぶかも。脂が乗って美味しい今の季節に一度作ってみたいと思います!

さて、話は変わって…

妊娠中は出産当日の朝まで、ほぼ毎日続けていたヨガ。おかげで、息子の妊娠中には散々苦しめられた腰痛も比較的軽く済みました。でも、その後しばらく赤ちゃんのお世話以外ほとんど身体を動かさず、寝てばかり生活をするうちに、再び腰痛が悪化。寝返りを打つこともできないほど痛みが強く、まるでお腹がまだ大きいかのような状態に…。

そこで一ヵ月検診を待ち、身体の状況が問題ないことを確認したところで、軽めのポーズからヨガを再開しました。ところが、まっすぐに立つだけのタダアサナ(だけ、と言いましたが、正しい姿勢できちんと立つことほど難しいことはないんですけどね)のポーズをとることすら難しい。ビックリするほど身体がグラグラなのです。腰回りに力が入らず、じっとしているつもりが、身体が左右にゆらゆら揺れてしまいます。さらに、胸が前につきだしていて、腰に負担のかかる立ち方。これじゃあ、腰も痛くなるはずです。

最初は無理せず、太陽礼拝をゆるやかに3セット。一日目は自分の身体なのに自分の思いどおりにちっとも動かず、ポーズもグダグダ。それでも終えたあとには、運動不足で凝り固まっていた筋肉が延び、身体にぐっと一本芯が通るような心地よさがありました。

そこから毎日少しずつ、娘が寝た隙や一人遊びをしている間を見計らって、ヨガのポーズをとるようにしています。今までのように一人でゆったり、落ち着いて…というのは難しいけれど、わずか5分でもヨガをした日と、しない日では、身体のだるさや重さがまるで違う。身体が軽いと、心も軽くなり、子どもにも余裕をもって接することができるように思います。

もともと体力も精神力も心許ない私。いけないと思っていても、身体にちょっとでも不調があると、すぐにイライラピリピリしてしまいます。体調悪くても優しく穏やかでいられる精神力を鍛えることも必要なんですが、それは一朝一夕には身につかないこと。身体の不調を小さいうちに取り除き、身体に余裕を持たせて、心を安定させておく方がまだ現実的です。でも、赤ちゃんがいると、どこかに通ったり、時間をかけたりするのは難しい。そんなときに、どこでも、いつでも、短時間でもできるヨガはぴったりです。

6年ぶりに赤ちゃんの育児をするにあたって、自分に心がけているのは、自分のイライラを子どもたちにぶつけないこと。絶対しない…というのが理想ですが、私、人間ができてないので、時々はやっちゃうので、できるだけ。

最初は「運動したい」「腰痛を直したい」「ダイエットしたい」といった軽い気持ちから始めたものでしたが、今では私の精神安定剤。私の心と身体を整えるために欠かせないものとなっています。ヨガをやっていて良かった。これからも細くとも、長く、ヨガと付き合っていきたいなぁ、と思います。

140627-01

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/8858/trackback