七夕の願い事

Makiです♪

Sumiちゃん、新しいボイスサンプル、聞かせていただきました〜。私は「マンゴースイーツ」を紹介しているところのナレーションが好き。優しく明るい声がお店紹介にぴったりだと思いました^ ^

さて、昨日は七夕でしたね。Sumiちゃんが願いをかけたように、我が家でも笹の葉を飾りつけ、短冊に願いを書きました。

七夕

家族みんなで短冊に願いを書きました

息子は短冊をふたつ書きました。ひとつは「きょうりゅうはかせになれますように」。そして、もうひとつは…

願い事

おなかたろうがなおりますように

あるときから息子は自家中毒の症状を「お腹太郎」と呼んでいます。気持ちが悪くなると、「お腹太郎になった…」と言い出します。

お腹太郎は、ふとしたきっかけで起こります。例えば、嫌いな食べ物があったとき、叱られたとき、習い事の前後など。なんでもないときに起こることもありますが、多くは息子にとってストレスがかかるとき。息子が嫌なことがあると起こることが多いので、私は「受け入れなきゃ」と口では言いつつも、その実、心のどこかで「ただ甘えてるだけじゃないの」と思っていんですね。

でも、息子だってなりたくて、なっていたわけじゃない。むしろ、なりたくないし、思い通りにならない自分の身体に困りきっているってこと。この短冊を見て、そのことがようやく、わかった気がします。

今は、できるだけ息子の好きな献立を。叱る必要があるときは叱るけれど、決して感情的にならないように。習い事も無理に行かせず、休ませる。なんでもかんでも頑張ることで乗り越えさせようとしてしまったけれど、頑張るだけでは、どうにかなるわけではないことだってある。甘やかしているようだけれど、まずはお腹太郎を追い出して、元気な息子を取り返さなくっちゃ、ね。頑張って先に進むのは、それからでもいい。息子には、まだまだ余りあるほどの、たくさんの時間と可能性があるんだから。

東京では朝から降っていた雨も、夕方には上がりました。織姫と彦星は会えたかな。どうか息子の願いも届きますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/9135/trackback