モンブランに初挑戦♪

Sumiです☆

昨日は運動会の振替で幼稚園はお休みでした。
台風だったのでどこにも出かけられないし、一緒に遊ぼうと娘にせがまれ、アイスクリーム屋さんごっこやピアノの練習など、いろいろ付き合いましたけど、私だってやりたいことたくさんあるのよね~。

そう!グリンファーム熊本の野菜の宅配の中に入っていた2袋の栗ををなんとかしたいとず~っと思っていたのです。

先日、栗ご飯は食べたので、今度はお菓子に使いたいと考えていました。そういえば、去年はまきちゃんの家でマロンペーストを使ったモンブランパイをご馳走になったっけ~♪

そこで、早速マロンペーストを作り、マロンクリームにしてモンブランを作ることにしました。

「ママさ~、おやつにモンブラン作ってあげようと思うんだ~。ひとりで遊んでてくれる~?」
「モンブラン?(*゚▽゚*) いいよ~、ママ作って~!」

・・・ってなことで、ごっこ遊びから開放され、マロンペースト作りに取り掛かれるようになりました。

実は、マロンペーストを作るのは初めて。
栗を食べるときは、いつも蒸していたのですが、今回は参考にしたレシピと同じ方法でTRYしてみることにしました。

その方法とは!熱湯に栗を入れて30分放置し、粗熱を取ったら鬼皮にして250度のオーブンで焼き、鬼皮をむくというもの。お湯の中で保温すると甘くなるのかしら?オーブンで焼くと鬼皮がカリッとして向けやすいのかしら?・・と、期待しつつ、書いてあったその通りにやってみました!・・・が、結局うまくいきませんでした(TT)。栗はしっかり火が通らず硬いままだし、オーブンで鬼皮を焼いてもなんら変わりありません・・・。何が悪かったのだろう・・・。

仕方がなく、鬼皮のまま、蒸すことにしました。・・・いつも通りにやれば良かった(TT)かなり苦労した気がします。
DSC_1753

蒸した栗の鬼皮を向いて、砂糖と少量のお湯を加え、フードプロセッサーにかけます。
栗

5分くらいかけると、まろやかな感じになってきます。
マロンペースト

これでマロンペーストが出来上がったわけですが、去年、まきちゃんと作ったとき、裏ごしすれば良かったね~!と話していたことを思い出し、裏ごしすることにしました。

この裏ごし、結構重労働なのね。。。
なかなか漉せなくて、汗だくになりながら20分格闘しました!
でも、おかげで、滑らかなマロンペーストができましたよ~!
裏ごし

午前中から作り始めたのに、ここまででおやつの時間を過ぎてしまいました。
娘に「モンブランは明日にしよう!」と言ったのですが・・・。
案の定、怒られました^^;

「モンブラン食べたい!絶対、きょう食べたい!待ってるから作って!」

・・・。

でもさ、今からスポンジケーキやタルト生地作るの大変だし、疲れたし、ママは明日にしたいよ~!説得しても娘がゆずらないので、仕方がなく、すぐ代用できそうなものをスーパーへ探しに行きました。そこで見つけたミニカップケーキ☆
カップケーキ

マロンクリームを作るため、生クリームを泡立て、マロンペーストを投入!
マロンペーストづくり

ゴムベラで混ぜると・・・
マロンクリーム

マロンクリームの完成です♪

モンブラン用の絞り口はなかったので、普通の絞り口で代用。

モンブラン

たっぷりお砂糖を入れたので、甘かったですが、美味しかったです☆
頑張ったかいがありました~!!

残ったマロンペーストは冷凍庫へ。
たっぷり味わうことができそうです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/9839/trackback