いちごの苗植えました♪

Sumiです☆

家の裏に小さな畑(花壇?)を作りました(笑)
目的は、憧れの家庭菜園です♪

畑

自作なので、見栄えは悪いです^^;

レンガを買ってきて、土の中に縦に埋めて囲いを作りました。
いや~、腰が痛い・・・^^;ここまで半日がかり。

何を植えようかなぁ~と思っていた所、ちょうどNHKのEテレ、趣味の園芸「やさいの時間」(毎週日曜:午前8時~8時24分放送)でいちごの苗植えを放送していました。いちご栽培カレンダーによると、今が成長期①で苗の植えどきなんですね♪

いちご栽培カレンダー

いちご栽培カレンダー!無事に収穫できますように♪

そこで、早速、いちごの苗を買ってきました。

苗

めちゃウマッ!いちごに期待!!

放送から学んだ苗選びのコツは2つ!

1)ランナーの跡があるもの

ランナー

これがランナーです

ランナーというのは、親株から伸びてくるツルのこと。これが伸びて子株を作り、どんどん新しい苗を増やしていくのだそうです。なぜランナーの跡があるのがいい苗かかということは、聞き逃してしまったけれど、いろいろ調べた結果、ランナーがあると元気な苗ということかな?と理解しました。

2)クラウンが大きくて土から出ているもの

クラウン

これがクラウンです

クラウンというのは、新しい成長点のことをいうそうです。苗の中心付近にあります。これが大きくて土から出ている苗がいいそうです。

番組では、土作りについても細かく紹介していました。
その通りにやってみようと思ったのですが、

●苦土石灰 1㎡あたり100~150g
●完熟牛ふん堆肥 1㎡あたり3ℓ
●化学肥料 1㎡あたり100g
●熔りん 1㎡あたり50~60g
●発酵油かす 1㎡あたり100g

という表記で、私にとっては難易度が高い~><
結局、有機野菜用の土と、腐葉土だけ買ってきて、畝を作りました。

畝

熔リンと発酵油かすがいちごの実を大きくするのだそうなので、それだけでも買えば良かったかなぁと後悔しましたが、仕方がない。もう植えちゃう!

植え方のコツは、ランナーを内側に入れるということだったのでその通りにやってみました。
植え方のコツ

できた~!

完成~!

このあと、休眠期がきて、さらに成長期がきて収穫になります。
その時々で作業が必要なようなので、成長記録を紹介していきたいと思います♪

ただ・・・ここ、家の裏だから日当たり悪いのよね><
無事に成長するかしら・・。頑張れ、いちご~!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kurashinbo.com/archives/9992/trackback