ナイロンバッグを修復するアイテム(Author:Maki)

Makiです♪

我が家の7歳男子。モノの扱いが雑です。丁寧に扱わないから、よく読む本は破れたり折れたりして、すぐにボロボロ。小さい頃からよく遊んだ恐竜は、まぁ仕方がないとはいえ、足や手がもげたり取れたり。で、そうなってしまうと「壊れた。もう要らない」とか言って捨てようとします。ダメです。もっとモノを大事にしなさい。

とはいえ、私も基本的に大雑把で乱雑な人なので、息子のことエラそうには言えないんですが。自身の姿を映す鏡と思い、私の方が反省すべきなのかもしれません。でも、ひどい。ひどすぎるんですよ。

まだ夏休み前のことです。息子の通う小学校では図書室から借りた本を入れるナイロンバッグが一人ずつに支給されます。それを毎週持っていくのですが、ずるずる引きずって歩くから、あっという間に大きな穴…。これから何年も使うものだってのに、なんでほんの数ヶ月でこんなことになっちゃうのよー!

穴

モノを持てば、投げたり回したり引きずったりするのが男子の常。とはいえ、これ、まだこの先も使うんですよ。この穴、どうすんねん!

普通の布であれば、別の布を用意してつぎあてすることもできますが、ナイロンは手持ちの布じゃ合わないし、縫いにくい。おまけに、バッグの角だから、つぎもあてにくい。でも、このままじゃ、穴はどんどん大きくなりそうだし、さぁ、どうしよう。

ネットであれこれ探していたら、ナイロン用補修シートなるものがあることを発見しました。これなら、イケるかも!

ナイロン補修シート

穴の上からペタリと貼るだけ。簡単に直せます。両面から貼ると、さらに強度が高まるそうなので、裏からも貼りました

ナイロンバッグ

直りました。つぎあてたら、どうしても悪目立ちしそう。これなら透明シールなので、目立たず簡単で◎!

「バッグ、直しておいたからね」と言うと、乱雑息子もちょっと嬉しそう。みんながちゃんと大事に使っているのに、自分だけ破いちゃった…というのは少し恥ずかしかったようです。それ以来肩にかけて地面につかないようにしたり、ランドセルに余裕があるときは中に入れたりして、気をつけて使っているようです。ヨシヨシ。

レインコートやダウンジャケットなど、子どもって洋服を気づかぬうちにひっかけてしまうことってありませんか。小さな穴や傷で捨てるのはモッタイナイけど、どうしよう…というときにもよさそうです。

娘のためのオモチャ(Author:Maki)

Makiです♪

娘1歳5か月。まだまだチビっ子のくせに、自己主張だけは一人前。お兄ちゃんがやっていることはなんでもやりたい。自分はお兄ちゃんと同じことができると思い込んでいます。

最近やりたいのは、おえかき。お兄ちゃんがテーブルで何か書いていると、自分もやりたいと邪魔しにいきます。ダイニングテーブルの椅子にも昇れるようになってしまったので、この有様。お兄ちゃんは、やりたいことができなくてイライラ。それでも喧嘩にならずに済んでいるのは、6歳も年が離れているせいですね。お兄ちゃんはじっと我慢。エライ。

子ども

二人ともパジャマ姿、おまけに娘はお尻のボタンまで外れてて失礼!
「妹ちゃん、あっち行って。邪魔ー」と言いつつも、怒らないところがお兄ちゃんエライ。その代わり、母にキレますが。

じゃあ、娘がおえかきできるようなオモチャを買ってあげよう。そうすれば、お兄ちゃんの邪魔もしなくなるのでは。そう思って、選んだのがこちら。水を入れたペンでおえかきできる優れもの。水なら汚れないし、こぼしても拭けばいいだけ。

早速娘に使わせてみました。

スイスイおえかき

早速おえかき。鉛筆だと筆圧が足りなくて、弱弱しい線しか書けませんが、これだとはっきりくっきり。娘、とっても楽しそう♪

そのうち、おえかきに飽きてきて、ペンを触ると手が濡れる方が面白くなってしまった娘。結局このオモチャ半日で飽きました…。また忘れた頃に出したら、遊びそうですけどね

そのうち、おえかきに飽きてきて、ペンを触ると手が濡れる方が面白くなってしまった娘。結局このオモチャ半日で飽きました…。また忘れた頃に出したら、遊びそうですけどね

実は、お誕生日やクリスマスといった特別なときを除いて、”娘のために”と買ってあげたオモチャはこれが初めて。息子のときは退屈しのぎの意味もあって、あれやこれや買ってあげましたが、娘にはおさがりのオモチャしかありません。ちなみに、お洋服もお友達からいただいたお下がりばかり。まだわかっていないお年頃だからいいのかもしれませんが、そのうち「お下がりばかり嫌だ。私にも新しいの買って」とか文句を言われるのかな。

でも、なんだかんだ言って、今のところ、娘はオモチャより何より、お兄ちゃんが持っているものややっていることに興味津々。せっかく買ってあげたこのオモチャだって、すぐに見向きもしなくなって、相も変わらずお兄ちゃんのあとを追いかけ回しています。結局のところ、娘にとっての一番のオモチャはお兄ちゃんなんでしょうね(笑)。