お料理教室通いはじめました⑫

Makiです♪

昨年の春から通いはじめたベターホームのお料理教室「和食基本技術の会」。妊娠出産に伴い、二年がかりになりましたが、全12回の最終回に参加してきました。

最後のメニューは…

・つくね
・たけのこごはん
・うどとアスパラのあえもの
・金時豆の甘煮

和食基本技術の会

ふんわりつくねが旨い!

最終回だけあってか、とても学ぶことの多い日でした。

まず、つくね。粘りが出るまでていねいにこねると、肉汁がしっかり閉じ込められて、ジューシーに。肉を混ぜる前に塩を加えるのは、粘りを出し肉と肉をくっつけるのに必要だからだそう。なるほど。さらに、つくねの付け合わせであるパプリカとしめじの炒め物も、塩水を加えて蒸し焼きにすることで、野菜はふっくらとして、少量の塩でも味がよく染みていました。我が家、高血圧気味のオットがいるため、普段から減塩を意識しているのですが、この調理法はすごく役立ちそうです。

それから、たけのこご飯。やっぱり土鍋で炊くと美味しいですね。火加減いらずなので、つい炊飯器を使ってしまいますが、土鍋ご飯のおこげはすごく魅力的。どんな量であっても、またどんな鍋を使っても、最初に火にかけてから中火で10分くらいかけて沸騰させるのがふっくら炊きあげるポイントなんだとか。これが短すぎても、長すぎてもダメだそう。今度一度我が家でやってみなくては。

そしてそして、きんとき豆の甘煮。Sumiちゃんは普段からよくお豆を扱っているそうですが、私、あんまり普段のご飯に使っていないんですよね。今回は缶詰のきんとき豆を使ったレシピで、とても手軽でした。柔らかく煮たら、娘も食べられそうです。

今回もとてもとても大満足の出来上がり。たけのこご飯なんて4人で2合だったので、一人0.5合もあったのに、みんなぺろりと食べてしまいました。はー、美味しかったなぁ。

和食基本技術の会」で教わった料理は、これまで作ったことがあるものがほとんど。でも、ほんのちょっと下ごしらえをていねいにしたり、調味料を加える順番を変えたり、手順を逆にしたりするだけで、味がぐんと変わることに何度も驚かされました。基本を知っておくって、すごく大事。この経験をこれからの仕事に生かせるよう、もっと精進していかなければ、と思ったのでした。

お料理教室通いはじめました⑪

Makiです♪

えへへ、超久しぶりに私の連投です。

昨年の春から通いはじめたベターホームのお料理教室「和食基本技術の会」。先月のお話になりますが、妊娠出産がらみで出席できなかった昨年の授業を振替受講してきました。

今回のメニューは…

・とんかつ
・あさりのみそ汁
・ふきと油揚げの田舎煮

和食基本技術の会

ラブ! 揚げたてのとんかつ!

とんかつって美味しいですよね~。でも、揚げたてじゃないと美味しさ半減。私は朝のうちにご飯を作り置きすることが多いので、我が家では揚げ物の頻度は少なめです。なので、この日は揚げたてを食べられるってだけでワクワク♪

大体ですね-、まもなく一歳の娘にご飯を食べさせていると、こっちは作りたてのご飯なんてめったに食べられないわけですよ。その途中途中でもう小学生になった息子が「やれ、こぼした」だの「それ、牛乳が飲みたい」だの言われて、私は隙を見て食べ物を掻き込むだけ。だから、子どもらを気にせず、ゆっくりご飯が味わえる料理教室は、それだけでもう幸せ!

…と、なんだか料理教室に関係のない愚痴になり、失礼(笑)。

この日は知識として新しく学ぶことは少なかったのですが、キャベツの千切りはこの日一日でレベルアップしました。今まで私がやっていたのは、千切りではなく、せいぜい百切り。横着がって、いっぺんにたくさんの葉を重ねて、できないくせに早く切ろうとするからそうなるんです。少量ずつクルクルと巻いて、ほとんど同じところに包丁を下ろすようにしていくと、細く細く切れることがわかりました。何事も焦らず、ていねいにやるのが大事。本物の千切りキャベツは口当たりもよいですしね!

さて、コツコツ通ったこのお料理教室も次回が最終回。基本の基本でありながら、知らないことってまだまだ多いなぁ、と改めて気づかせられました。最後まで楽しく美味しく通いたいと思います!