キュルッシュお料理会②~Sumi編

Sumiです☆

先日、Makiちゃん宅で行われた料理会
今回は、私も参加させていただきました~(*^。^*)
これからはキュルッシュの活動のひとつとして楽しい企画も一緒に考えて行きたいと思っているけれど、今回は参加者の一人として感想を綴ります。

今回のテーマは「おもてなしの料理」
お品書きはこちら!(Makiちゃんの記事にも書いてあるけれど~♪)
ウェルカムドリンク(キュルッシュ&カシスカクテル)
干しいちじくの赤ワイン煮
チキンナゲット
レバーパテ
タコの香草サラダ
ラブリートマト焼き
カマンベールチーズの塩トロサーモンサンド

学び1)おもてなしの心得!
暑い中、自転車漕いでMakiちゃんの家に着くと、用意されていたのは冷たい飲み物と一口サイズの甘いお菓子(おつまみ?・笑)。

ウェルカム用

甘酸っぱい飲み物にイチジクの甘さがぴったりでした!

めちゃくちゃうれしかったです☆テンションあがりました!
しかも、ウェルカムドリンクに使ってくれたリキュールは、私たちのユニット名の由来にもなっている「キュルッシュ」!
胸にじ~んと温かいものが流れました。

学び2)みんなで作る楽しさ!
今回は5人で作ったので、チキンナゲット班とレーバーパテ班に分かれてお料理開始!
私は以前、担当していた番組でレバーパテを紹介したことがあって、その道のプロの方からレバーの下処理を教わったことがあります。レバー処理するの初めて~!というお友達もいたので、思い出しながら最初に作業を始めました。

レバーの下処理

臭みをなくすためには、血あいをきちんと取ることが大切なのです

でも、使った鶏レバー、結構きれいに処理されていて、脂肪をちょっと切り取って、ほぼ終了~!血あいは少ししかなかったので下処理は楽だったと思います。ビデオカメラを準備していったので、レバーの下処理を撮影して、ここで紹介しようと思ったけれど、あいにく電池切れ><(準備の甘さが痛い!)
ま、グロテスクな絵なので、写真で良かったかも~

「きゃ~、できない~」「一人じゃ無理~」「食べるところが減る~」など、レバーの下処理しながらワイワイ♪
やっぱりみんなで作るのって楽しいね!

学び3)準備の大切さ!
おもてなしの心得にもつながることだけれど、準備って大切だなあと思いました。
まず、一人一人の席に置かれた名前入りの手作りプレート!

テーブルコーディネート

ひとりずつの名前とワイングラスに添えられた花がうれしい♪

この日のために、時間を作ってひとりひとりに作ってくれたのかと思うと、めちゃくちゃうれしい!
そして、お土産まで。Makiちゃんから、今晩の夕飯の足しに~!と残り物をいただいてきました。

お土産

小さいッパックを用意しておいてくれたんだよね~

これって、残ることを想定して、こういうパッケージを用意してくれていたっていうことでしょ~
気配りもうれしいよね~!
こういう思いやりの心も見習いたいと思いました!

Makiちゃんありがとう~!
今後も楽しいことたくさんしていきましょう~(*^。^*)
楽しみにしてます♪

キュルッシュお料理会②-Maki編

Makiです♪

第二回目お料理会を開きました。今回からSumiちゃんにも参加してもらい、このお料理会をキュルッシュのユニット活動のひとつとして、二人で企画やレポートをお届けしていきます!

食というのが生きる上で、暮らす上で欠かせないものであり、大事なものだということは誰だってわかっていることです。でも、毎日料理を作り続けるのはなかなか大変なこと。この会が日々の料理のモチベーションアップや、料理が“好き”につながるきっかけとなればいいなぁ、と思っています。

さて、今回のテーマは「おもてなしの料理」です。

「おもてなしって難しい」「盛りつけやテーブルコーディネートが上手くできない」という声をよく聞きます。私も、実は結構苦手。人を家に呼ぶことは多いのですが、どちらかというと料理は大皿でバーンと出して、「勝手に飲み食いせよー!」というスタイルばかり。『ホームパーティ』というより、『家飲み』ですね(笑)。でも、以前オールアバウトで『一目置かれる素敵なホームパーティの作り方』という記事の取材をし、「素敵なテーブルは料理も映えるし、食べるのもウキウキする!」という経験から、見栄えというものをちょっと意識をするようになりました。

ということで、今回は料理+プチテーブルスタイリング。簡単に真似できるおもてなしのテーブルテクニックをいくつか紹介させていただきました。

ウェルカムドリンク

お料理会の開催と、キュルッシュ活動第一弾を記念して、乾杯!

まずは参加してくれたみんなに「ありがとう」の意味を込めて、ウェルカムドリンクを用意。Sumiちゃんと私のキュルッシュ活動第一回目でもあるので、キュルッシュを使ったカクテル(カシスを加えて、ソーダで割ったもの)を用意しました。一口おつまみはドライフィグの赤ワイン煮。干しイチジクをグラニュー糖と赤ワインで煮たものです。こんなふうに小さいグラスやお皿をお盆に並べると、特別感が出るんですよ~。

続きまして、今回の料理のメニューは…

チキンナゲット
レバーパテ
タコの香草サラダ
ラブリートマト焼き(息子命名のこれね)
カマンベールチーズの塩トロサーモンサンド

チキンナゲットとレバーパテ、タコの香草サラダをみんなで作り、ラブリートマト焼きとカマンベールチーズの塩トロサーモンサンドは私の方で事前に用意しました。なお、チキンナゲットとレバーパテ、塩トロサーモンは、先日紹介した『とっておきの保存食とおすそ分けレシピ [ ベターホーム協会 ]』の中からピックアップしたもの。この本、ホント使えます! おすすめ~♪

タコの香草サラダは、我が家のおもてなしメニューの定番。野菜はあるものなんでもいいですが、セロリとクレソンは必須。これが味の決め手です。作り方は簡単です。

タコの香草サラダ

クレソンってつけあわせのイメージですが、サラダも美味しいです

1. セロリとキュウリを千切りに、クレソンと水菜を5㎝程度の長さに切ります。ゆでタコは一口大に切ります。
2. 全体をよく混ぜ合わせ、だし醤油をかけます。
3. ごま油を煙が出るくらいまで熱し、野菜にかけ、韓国海苔を手でちぎって乗せたら、できあがり。全体をよく混ぜながら食べてください。

塩トロサーモンは「東北の旨いもん」で食べ切れなかったサーモンを使って作りました。

カマンベールチーズの塩トロサーモンサンド

カットされたタイプのチーズを使うと簡単。普通のスモークサーモンでも美味しいです

味見をしてみたら、「これは絶対チーズと合う!」と思い、カマンベールチーズに挟んでみることに。サーモンと相性がいいハーブ・ディルと挟んで、ピンチョス風にしてみました。ピックを差すだけで、おもてなし感が高まります。

料理完成

グラスの脚に造花を巻きました。人数多いときは、色を替えたり、リボンやモールなどを使って、グラスマーカーにしても◎

基本は大皿で盛り付けていますが、ひとり分ずつお出しする小皿料理があると、家飲み会じゃなくてホームパーティっぽくなるかも。一人分ずつ用意したネームカードは、子どもと一緒のパーティでも喜ばれると思います。

料理とテーブルが整ったら、みんなで「いただきます!」。またもや昼からお酒をいただいちゃって、おしゃべりにも花が咲いて、ご機嫌な会となりました(ただ、酒飲むと私はまったく気が利かなくなることに反省…。本当は最後にコーヒー淹れようかと思ってたのに!)。参加してくれたみなさん、ありがとう。

初参加のSumiちゃん、どうだったかしら。ぜひ感想を聞かせてください。そして、次回もまた楽しい企画考えましょう~♪