2色寒天

Sumiです☆

Makiちゃんの手前味噌おいしそう~!モロキューがビールと合いそうだ!
我が家も味噌は手作り派です。熊本で麦麹に出会いました。それまでは米麹オンリーだったけれど、麦麹と米麹の半々で仕込んでいます。全国各地、それぞれに味噌の味があって、日本の食文化は奥深いよね~☆

さて、きょうはまたまたおやつの話題です。
2色寒天を作ったのでそちらをクローズUP!!

先日、無償にグレープフルーツジュースが飲みたくなって1パック買ったところ、さらに!お中元を買いに行ったデパートでオレンジジュースを配っていて缶ジュース2本をいただました。単純に飲むのもいいのだけれど、固めておやつにしちゃえ~!という発想です^^
夏のおやつは寒天が多い小柴家。便利な粉かんてんを使えば簡単です♪

作り方。
1)オレンジジュース1缶(290cc)を鍋に入れて火にかけます。
2)沸騰してきたら粉かんてん4gをいれて煮溶かします。
 粉かんてんは2g(付属のスプーン1杯)で150cc固まると覚えています。

寒天

粉かんてんを振り入れて溶かします

3)容器に注いで冷蔵庫へ
・・・1時間ぐらいで固まります。

オレンジ

ジュースは100%!砂糖はいれません。

4)グレープフルーツジュース450ccを鍋に入れて火にかけます。
5)沸騰してきたら粉かんてん6gを入れて煮溶かします。
6)粗熱が取れたら、3)の容器に注ぎいれ、冷蔵庫で固めます。

グレープフルーツ

うまく2色になりますように☆

はい!完成~!!

2色寒天

下がオレンジ、上がグレープフルーツ。2色に見えるかな?

2色にするということは1色目が固まらないと2色目は注げません。
今回、1色目は前の晩に作り、当日、2色目を足したわけです。
面倒?実際やってみると、そうでもないのよ~^^

私は前日から仕込んだけど、寒天は1時間もすれば固まるので、午前中、もしくはお昼過ぎからでもできちゃいます。ちょっと頭の片隅に置いておいて、すき間時間を使って作るのが小柴家流。このすき間時間をおやつ制作時間にしているのです。

・・と、偉そうなこと書いていますが^^;、もちろん、市販のおやつで済ませることもありますよ。手抜きしつつ、楽しみつつです(*^。^*)

便利な粉かんてん、おひとついかが~?

手前味噌

Makiです♪

Sumiちゃんの家のカブトムシ、成虫になったんだね! 実は我が家のクワガタは昨日御臨終に…。寿命だったのか、飼い方が悪かったのかわかりませんが、ちょっと悲しい…。

しんみりしてしまいましたが、話題を変えまして。昨年10月に仕込んだ味噌が美味しくなってきました。

手前味噌

味噌の上にある白いカビみたいなのは産膜酵母。きちんと発酵している証拠なんだそうです。これをカビだと間違える人も多いんだとか

以前「ぬか漬け」の記事でも紹介させていただきましたが、こちらも内海裕子さんが主宰する発酵茶会で味噌作りのコツを教わって以来、続いている手前味噌生活。これがふたつめの手前味噌で、次には今年の3月ごろ仕込んだ味噌が控えています。

もろきゅう

新鮮なきゅうりに、しっかり味の味噌が合う! ビールぐびぐびいけちゃいそう~

実家から朝採りのきゅうりをもらったので、手前味噌を合わせて、もろきゅうにしてみました。自画自賛ながら、自分で作った味噌は本当に美味しい。味が濃い。一度手前味噌生活を始めると、市販の味噌の味がやわい感じがします。

実は梅雨明け前に「そろそろいいかしら」と一度お味噌汁にしてみたのですが、「うーん、あと一歩…」ということで、もうしばらく寝かせることにしました。その後梅雨が明けて、ぐんと暑くなったら、美味しさもぐんと増しました。味噌の発酵が進んだんでしょうね。自分で一番美味しいタイミングを計れるのも手前味噌のよさですね。

この味噌樽が空いたら、また次の味噌を仕込む予定。手前味噌の切れない生活を目指します!

我が家で使っているのは、こちらの手作り味噌セットです。初めて仕込む人には樽付なので嬉しい。これを実家と半々で分けています。一人で味噌作りは結構大変なので、誰かと一緒に仕込むのが楽しいと思います♪