善玉バイオ浄JOE!!

Sumiです☆

きょうは私が愛用している洗濯洗剤をご紹介します。
その名も「善玉バイオ浄JOE」!!

善玉バイオ浄

善玉バイオ浄!これ中々良いのよ~(*^。^*)

気になる名前でしょう~?(笑)
何がいいかって~?これこれ~!(クリックすると大きくなるから読んでみてね~)

IMG_7605

「善玉バイオ」は「日常生活に欠かせない醗酵菌(乳酸菌・納豆菌・酵母菌)などから取り出した特殊酵素」のことだそうです。この酵素のパワーで黄ばみも抑えちゃう。そのおかげで界面活性剤が少なくても汚れがよく落ちるんだって~。

IMG_7606

お値段は高いけど、使う量は少なくて済むから、長持ちします。
すすぎは1回でOKなのだけれど、私はなんとなく2回すすいでます。
泡立ちがほとんどないから、きっと、すすぎは1回でもいいのかもしれないし、
その方が節水にもなると思うけどね~。私の気分的な問題です。

我が家で使う量

1回の洗濯は、スプーン半分の量でOK!

不思議なのが、使い始めてから洗濯層がカビなくなったこと!
これも善玉バイオの力っていうやつらしい!!
「洗濯槽クリーナー」を使っても、黒いカビが浮き出てこないのよ。
ちなみに、おすすめの洗濯層クリーナーはこちらね♪黒カビがびっしり浮くから驚くよ^^;!(・・もしや家だけ?><)

洗濯洗剤に気を配るようになったのは、娘が生まれたころから。
だって、ベビー雑誌などで「赤ちゃんの肌に優しいものを~」なんて書いてあるじゃない?
それまで、洗濯洗剤が肌に関係あるなんて、気づきもしなかったよ。

産前は、洗濯洗剤は汚れ落ちが良ければなんでもいい!と思ってました。
でも、汚れ落ちがいいものには合成界面活性剤が多く含まれていることを知り、汚れを落とすには必要なのだけれど、体には良くないから、少なければ少ない方がよいということを学んだの。そこで、合成洗剤ではなく、石けん洗剤を選び始めました。その頃に使っていたのがこれ。

「ミヨシの無添加衣類のせっけん」

粉せっけんのタイプも試したけれど、いちいち溶かして使うのが面倒で、液体のタイプを使っていました。
しばらく愛用していたけれど、行ったお店に在庫がなかったために買ったのがこちら。

「arau アラウの洗濯用せっけん」

これも「無添加」。上記2つのどちらかを使っていました。
けれど、いろいろ調べているうちに、ネットで「善玉バイオ浄JOE」に出会ったわけです。

界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせる働きを持つ物質のことで、必ずしも悪いものではないみたい。自然界にある「天然界面活性剤」と、人工的に作られた「合成界面活性剤」があるけれど、問題なのはその「強さ」。毒性が高くて、皮膚に浸透するし、残留性も高いから、強い合成界面活性剤が身体に入ったら悪影響を及ぼしかねないんだって。下水処理でも分解することも除去することもできないから、海や河川も汚染する原因になるそうです。ネットで得た情報だし、確実な情報とは言えないけれど、原発事故をきっかけに、もうこれ以上、自然環境を汚したくないと思っていた矢先でもあったから、「善玉バイオ浄JOE」を購入することは即決でした。
試しに使ってみよう~と軽い気持ちで使い始めてから早1年半。
一般の合成洗濯洗剤を使っている人には、すぐにこの良さはわからないかもしれないけれど、ナチュラル系の洗剤を使っている人が使えば、すぐわかると思う!汚れ落ちが全然違うから。大量に買うと安いので、いまではまとめて4個買い^^;

4個買い

無添加のせっけんと、可愛い洗濯ネットがおまけでついてきました☆

是非、一度お試しあれ~!
まずは、2個からどう?

興味のある方は石鹸百科を読んでみてください。私も勉強させてもらってます。昔の人は合成洗剤などなくても上手に洗っていたわけで、そういった知恵が失われていくのは悲しいことだと思います。まずは私たちが知って、子どもたちに教えていかなければ・・・と思うのです。

そうそう!話はちょっと違うけど、ちょうどこの間、Makiちゃんが書いた新しい本の話をしていて、アルカリウォッシュの話題が出てきたの。Makiちゃん!私、持ってたよ(笑)使っていなかっただけ~^^;宝の持ち腐れってやつ。
この機会に「石けんで洗う」ことについてもっと勉強してみようと思いました。