「大恐竜展in丸の内2013」に行ってきました

Makiです♪

冷汁、美味しそう~。私は冷汁って宮崎県の郷土料理だと思っていたのですが、北にも南にもあるんだね。不思議~。

さて、恐竜愛深まる息子とともに、「たまがわ恐竜大図鑑展」に引き続き、「大恐竜展in丸の内2013」に行ってきました。福井県恐竜博物館が所蔵する草食と肉食あわせて9体の化石が見られるという無料のイベントです。

まずは、丸の内オアゾで行われていた草食恐竜パークへ。

草食恐竜パーク

頭の突起が特徴的なチンタオサウルス。私、この恐竜、好き♪

えーっと…、正直申し上げまして、ただ骨格標本が四体並んでいるだけです(笑)。簡単な説明書きはありますが、面白味は薄いというか。息子も大きなチンタオサウルスを見て、一瞬喜んでましたが、「これだけ? これだけ?」を連発。スタンプラリーをやっているとのことで、スタンプを押したら、早々に丸ビルの肉食恐竜パークへ移動。

続いて、肉食恐竜パーク。こちらでは5体の骨格標本があります。

肉食恐竜パーク

バリオニクスはなかなか迫力ある

骨格標本のほかに「フクイラプトル」映像体験コーナーというのがあり、眼鏡のようなものをつけるとフクイラプトルが3D映像で見られるとか。息子も興味津々で「やりたい!」と近づいたのですが、スタッフの方に「6歳未満の方はできません」と声をかけられ、超ガッカリ。本当に本当にガッカリ。そんなことなら、最初からホームページに書いておいてほしかったわ。それなら「できないよ」と言い聞かせてから、連れてきたのに。(そんなことをツイッターでつぶやいていたら、他の方から3歳でも見せてもらったとのお返事が! えー、ますますガッカリだよ。ひどいよ、ひどい)

フクイラプトル映像

「僕もやりたかったなぁ…」とションボリ見つめる息子

それでも迫力ある恐竜の骨を間近で見られた息子、それなりに満足していたようです。ただ、無料のイベントだけあって、情報量も見せ方も乏しく、わざわざ見に行くほどでもなかったかもーーー。ちょうどお盆の時期で東京駅を利用する人も多いかと思うので、そんな機会があれば、ちょっと寄ってみるというのはアリかもしれません。

ちなみに、8/12(月)~14(水)は化石発掘体験というのもあるらしい。でも、これも対象は小学生なんだって。恐竜関連の漢字は読めてしまう息子は「化石発掘体験」というポスターを見て、「やりたい!」と叫んでいましたが、「小学生しかできないんだって」と言うと、ますますガッカリしてました…。

スタンプラリー

スタンプラリーでもらった恐竜メモ帳

そうそう、スタンプラリーでこんなメモ帳もらいました。オアゾと丸ビルの両方でスタンプを押してもらうと、丸ビルでプレゼントをもらえるので、欲しいという人は先に丸の内オアゾから行った方がスムーズ。ただ、一日につき先着200名までだそうで、昼過ぎに行ったら、もうなくなっていたようなので、お早めにー。

竜ランキング大百科新装版

丸ビルの青山ブックセンターで恐竜フェアやっているというので、行ってみたが、これもしょぼかった…。その中から『恐竜ランキング大百科新装版』と言う本を買ってやったら、かなり熱心に読みふけっていた。ま、いろいろガッカリだったが、これで勘弁してくれ(笑)