ミョウガの季節

Makiです♪

夏が旬のミョウガ。私はこういう香りの強い野菜が大好きです。実家にはミョウガが自生していて、子どものころから「ミョウガは庭でとれるもの」というイメージが強くて、お金を出して買うのはためらわれます。だって、旬の時期でも3つで100円とかするんですもの。高いー!

ミョウガ

8月に入ると、ミョウガの季節。実家では毎年収穫があり、我が家もその恩恵をあずかります~

実家では、てんこ盛りで収穫できます。これだけとれると、薬味としても、おかずとしても、遠慮なく使えます。我が家の庭でも育てたいくらいなのですが、ミョウガを育てるには、かなりスペースが必要なので、断念。その代りに、この季節はいつもおすそ分けをいただきます。

私がイチオシのミョウガの食べ方は、梅酢和え。千切りにしたミョウガを梅酢と鰹節で和えるだけの簡単料理です。箸休めに、お酒の肴に、さっぱりすっきり食べられます。こんなにたっぷり食べられるのは、実家で家庭菜園を続けてくれている父のおかげですが。あと、梅酢が手に入らないという人、また長く保存したいときは、ミョウガの甘酢漬けがおすすめ。オールアバウトの記事では、甘酢漬けを使ったお寿司レシピも紹介していますよ♪

ミョウガの梅酢和え

これをおともにビール飲むの最高!

暑いと食欲が落ちがちですが、こういう香りの強い食材を使うと、それだけで食べたい気持ちが湧いてきます。夏に育つ野菜はそういうものが多いですよね。シソとかバジルとか。旬の野菜には、その時期の人間の身体をよりよく動かすための効果もあるのだなぁ、と改めて感じます。