夏の絵本

Sumiです☆

夏の絵本を紹介しようと思いつつ、もう夏が終わっちゃう^^;
慌てて紹介しちゃいます♪

夏といえばスイカ!こんな絵本はどうかしら?

1)とよがかずひこさんの「スイカくんがね・・」

娘が1、2歳の時にはまっていた絵本です。
これを読んで、スイカ割りをしたこともあったなぁ~

花火が好きな子にオススメなのがこちら☆
2)渡辺有一さんの「ねこのはなびや」

ねこのはなびやたちが繰り広げる花火大会!
しかけ絵本にもなっていて、親子で楽しめますよ~(*^。^*)
花火の絵がとってもきれいなの☆

最近、本屋さんでも目にするようになったのがこちら!
3)石井聖岳さんの「ぷかぷか」

空を飛びたいタコが海にぷかぷか浮かびながら、どうやったら空を飛べるか空想していくの。読むとほんわかする絵本です。

私がこの絵本に出会ったきっけかは情報誌の制作でした。
私は熊本で暮らしていた時、ボランティア団体「妊娠・出産・子育て情報ネットワークうみ・つき」のスタッフをしていました。
取り組みについて話すと長いので、きょうはやめておくけれど(笑)、これまでみんなで学んできたことを情報誌として発行する機会に恵まれました。
その情報誌のタイトルが「ぷかぷか」だったの。
この時は、絵本の「ぷかぷか」の存在は知らなかったんだよ。
お腹の中の羊水に赤ちゃんがぷかぷか浮いているイメージを情報誌のタイトルにしたらどう~?という案があって、スタッフで話し合って決めたものでした。

記念すべき1冊目は私が編集長。そして2冊目はスタッフの友人が編集長を務めました。1冊目は助成金がいただけたので、スタッフ内でプロジェクトチームを組んで制作したのだけれど、2冊目は助成金なし。友人と私が中心になって少ない人数で制作しました。苦労して作った分、発行のお祝いには何か記念に残るものを・・・と考えていました。そんな中、何の気なしに「ぷかぷか」とネットで検索してみたら、この絵本に出会ったというわけです。まさか、同じタイトルの絵本があるとは思いもしなかった!そんなこんなで、編集長を務めてくれた友人へプレゼントにしたのがこの「ぷかぷか」の絵本だったわけです。その後、私も一冊買っちゃった~(笑)
色んな意味で私にとっては思い出の一冊です♪

他にも、せなけいこさんのおばけシリーズは面白いよ~
2、3歳の頃、娘がはまって図書館で全シリーズ借りました。
最近は、うさぎさんが主人公のこちらの絵本が有名だよね?

でも、娘がはまったのはもっと前に出版されているこちらのシリーズ

なぜ、おばけに興味があったのかは不明・・。
そして、5歳になろうとしている今、
おばけは怖い~~。夢で見たの~!ヤダ~!と言っています。
あれだけ好きだったくせに~^^;