もち米肉団子

Sumiです☆

昨日、2020年に東京オリンピックが開催されることが決まりましたね!
7年後に想いを馳せて、将来への夢と希望を描いた一日でもありましたが、
原発のこと、東北の復興支援のことを考えると、ウキウキ気分だけではいられませんでした。

何か私にできることはないかなぁ~。
そんなことを考えながら、ボーっと夕飯の準備に取り掛かかった私。
なんだかメニューが浮かんできません。。。
そんな時、私が作るのがこちら!

母から教わったもので、簡単なのに豪華に見えるのがうれしいの♪
たくさん作って大皿に盛るとおもてなしメニューにもなるよ☆

【もち米肉団子】

●材料(適当&お好みで)
A(豚肉・人参・玉ねぎ・しょうが・にんにく・塩・片栗粉・ごま油)
もち米

●作り方
1)Aの材料をフードプロセッサーに入れて、スイッチオン♪

  昨夜は玉ねぎがなかったので人参と小松菜にしました。
  キャベツやニラにするときもあります。
  豚肉もフードプロセッサーに入れちゃうので、ばら肉を使いました。
  そういえば、我が家ではひき肉を買うことがないかも。
  フードプロセッサーでひき肉になっちゃうからね~。
  片栗粉は大さじ1くらい。
  ごま油を入れると風味が増すので、お好みで。

2)もち米は洗って水けをきっておきます。

3)1)を使って肉団子を作り、もち米を周りにまぶします。

肉団子

この日はもち米が少なかったの><

  この時、もち米の上で肉団子を転がすと簡単です。
  コツは、もち米がついた状態で、もう一度丸め直すこと。
  こうすることで、もち米がしっかり付きます。

4)圧力鍋に水を入れ、すのこを敷いて加圧します。
  2リングになったら4分加圧。

加圧

さらしは洗って何度も使えるので重宝します☆

  母からは、すのこに油をしいて加圧すると教わったのですが、
  もったいないので私はさらしを敷いています。
  さらしだと、生地がくっつくということはありません。

5)自然冷却すれば、もち米肉団子の完成です!

もち米肉団子

大きさにもよるけれど、肉団子は一度に12個~16個くらいがちょうどいいかも。この日は小さいのもあったので17個でした^^;

我が家では酢醤油でいただきます♪

圧力鍋がなくても、多分、蒸し器でできると思います。
やったことがないので、時間が何分かかるかわかりませんが・・・。

この日、私が失敗したことは2つ。
もち米に芯が残ったことと、
ふかしあがった肉団子のもち米がパラパラとはがれたことです。

速攻、母に電話。ちょうど妹も実家に帰省していてました。
妹も料理が大好きで、このメニューはよく作ります。
妹に失敗談を話してみると、原因が判明!

私、もち米を洗わず使ってしまったのです(TT)。
一度洗ってから使わないと、加圧4分では時間が足りないみたい。
「お姉ちゃん、なんでもち米洗わなかったの~?」と妹に聞かれ、
・・・確かに、なんで洗わなかったのだろう?^^;
ボーっとしてたからかしら・・(笑)

もう一つの失敗は、材料を確認していて判明!
私、片栗粉を入れてなかった~><
片栗粉は生地のつなぎだろう~ぐらいにしか思っていませんでしたが、
もち米もくつけてくれる重要な働きもあるようです。

よし!バッチリ!
次回からは失敗しないぞ~(*^。^*)

このレシピ。母は、日本タッパーウエアから教わってきたそうです。
日本タッパーウエアの商品を販売するのが母の仕事でもあったので、娘の家である我が家には、必然的に日本タッパーウエアの品物が山ほどあります(笑)同じく妹の家にも山ほどあります(笑)
鍋は便利だし、包丁はよく切れるし、タッパーに入れると野菜の鮮度はかなり持つ!
何かと助かっています。ありがたいことなのです。
けれど・・・、お母様。
量を考えてください。
置く場所が・・・^^;
値段が高いの知っているから捨てられないし・・・。

妹と私の共通の悩みでもあります(笑)
では、また!