東京にいても、くまモン♪

Sumiです☆

朝ね、ご飯を炊こうと思ったら・・・
なんと!
あるであろうと思っていたお米の買い置きがなくて一大事><
お弁当もあるのに・・・時間がない!
急きょ、コンビニでチンできる白米を買ってしのぎました。

慌ててスーパーに買いに行き、お米コーナーをのぞくと!
そこにいたのは「くまモ~ン」@お米。

くまもん

コシヒカリだって~

しかも、新米です!もうそんな季節かぁ~!
食欲の秋ですなぁ(*^。^*)

熊本のお米を初めて食べた時、少し細いなぁ~と感じて、やっぱりお米は東北でしょ!って思っていました。東北のお米を食べなれている私にとっては、少し物足りなかったの。でも、3年もいたからさ、いつの間にか熊本のお米が好きになりました。

新米

新米、美味しかったよ~☆

最近、こんなものもいただきました。

くまもんスポンジ

何かの景品でいただいたのだけれど、何だったか思い出せない・・・^^;

他にもマグカップもあるし、うちわもあるし、カットバンもあるし…etc。
東京にいても、くまモングッズに囲まれている我が家です。
熊本だと、いろんなイベントでくまモンに会えたのが良かったなぁ~☆

くまも~ん

熊本の市民ホール前にて

イベントに行くと、くまモンが普通にいるんだよね~(笑)

くまもん

熊本県玉名市「高瀬裏川花しょうぶまつり」にて

あの容姿なのに、動きがやたら機敏なの!そこが好きになりました♪

くまモンのオフィシャルサイトも充実してますよ♪
http://kumamon-official.jp/

今や国民的に人気のゆるキャラ「くまモン」だけど、「くまもとサプライズ」から誕生したキャラである話も全国的に知られているのかな~?

「くまもとサプライズ」というのは、2年前、九州新幹線が全線開業するにあたり「熊本に住む人、訪れる人が熊本を魅力的だと思ってもらえるように、周りの人をわくわくどきどきさせ、ほのかな幸せな気持ちになるようにお迎えしよう」と呼びかけた運動でした。これを提唱したのが、映画「おくりびと」の脚本家である熊本県出身の脚本家・小山薫堂さんです。小山さんは、熊本県が新幹線元年事業アドバイザーにお迎えした方だったのです。

その一環で生まれたのが「くまモン」というキャラクター!熊本県のマスコットにもなりました。くまモンは知事から熊本県の営業部長に任命され、1万枚の名刺を持って、大阪で観光PRしていたんだよ

九州新幹線が全線開業したのは2011年3月12日。
そう・・・。東日本大震災の翌日のことでした。
お祭りムードは一気に冷めて、静かな開業だったのを覚えています。
あれから、2年半。まだ避難生活を送っている人たちはたくさんいるんだよね。
くまモンのお米をきっかけに、いろいろ考えた一日でした。
9月は防災月間でもあります。幼稚園でも防災訓練が行われました。
いろんなことを想定して、防災意識を高めていけたらいいなぁと思います。
まずは、我が家の防災グッズの見直しからしようかな。