鰹節削り器で削りたての味わいを☆

Sumiです☆

Makiちゃん、いくらの醤油漬け、美味しそうね~(*^。^*)
我が家も毎年手作りしています♪
今は体調優先にして、無理なくブログに顔出してね♪
Makiちゃんの記事を楽しみにしながら、私も無理せず綴っていきま~す☆

それにしても、台風、大丈夫かな?
8年ぶりに東京直撃だからね・・・。心配だね。
気象庁も「特別警報」が出るかもしれないと言っていたので、十分注意しましょうね!

さて、きょうは我が家の「だし」について書いてみようと思います。
みなさんは、味噌汁を作るとき、どんなだしを使っていますか?

私の母は「いりこ+こんぶ」です。
それが当たり前だったので、一人暮らしを始めた時、私は「いりこ+こんぶ」で味噌汁のだしを取っていました。結婚した後も、しばらく「いりこ+こんぶ」でした。
しかし、近年、熊本でマクロビオテックに出会って以来「しいたけ+こんぶ」に変わりました。
最近はそこに「かつおぶし」をちょっと混ぜています。

きっかけは、熊本の友人宅でごちそうになったお味噌汁でした。
具はキャベツと人参で、我が家の味噌汁とはちょっと違う味わいがとっても美味しかったのです!どんなだしを使っているのかを聞くと、「かつおぶし」を入れているというではありませんか☆しかも、鰹節削り器で毎回削っていると聞いてびっくり☆

昔ながら受け継がれてきたものに興味津々の私。
私もやってみた~い!と思い、早速、彼女御用達の鰹節専門店に案内していただきました。

熊本のお隣、鹿児島県の枕崎市は鰹節の生産量が日本一です。
かつお漁が盛んで、一本釣りされたかつおで作っています。
その鰹節専門店も枕崎の一本釣りされたかつおを使っていました。
ふしと一緒に鰹節削り器を購入!
それから、我が家では鰹節の削りたての味わいを楽しんでします☆

鰹節削り器

愛用品の鰹節削り器です☆

引き出しがプラスチックだと洗いやすいと勧められましたが、あえて木のタイプを選択。

鰹節

削るときのシャーシャーいう音が好き☆

愛用して3年!鰹節の削り方は自己流なので、合っているのかわからないのですが、パック詰めの鰹節より、ふしから自分で削ったものの方が少量で味が出るように思います。

削りたて

このくらいを毎日お味噌汁に入れています☆

面倒じゃないの~?と思うでしょ?
私も同じ質問を彼女にしました。
でも、「ちょっと削れは、深い味わいになるから、苦にならない」とのこと。
使ってみて、彼女の言う意味が分かります。本当に美味しいの♪
そして、削るのが楽しいの☆

味噌汁

この日は、キャベツとオクラのお味噌汁です☆

本来は、きちんとだしを取る方がいいのでしょうけれど、彼女は、削ったものをそのままお味噌汁に入れて、一緒に食べちゃうと言っていました。実際にやってみると、お味噌汁の中に残る削り節は気になりません。だしがらを捨てるのはもったいないので、ふりかけにでもしようと思っていた私。一緒に食べちゃっえる方が楽かも!と思って、我が家もその方法を取り入れています。お客様に出すときは、ちゃんとだしを取りますよ~(笑)

鰹節の保存方法は、販売されていた時の袋に入れてそのまま冷蔵庫に入れています。
ふし1本900円前後です。
我が家は一日一回はお味噌汁を飲みますが、家族3人で、ふし1本、半年は持ちます。
削り器は洗わず、乾いた布でふく程度。かつおぶしの削りかすは、ふ~っと息を吹きかければ飛びますので、きれいになりますよ(笑)

鰹節削り器ネットでもいろいろ出ているので、
興味のある方はお試しあれ~♪

私の愛用品は、たぶん、下記の物だと思います・・・^^;
説明書捨てちゃったから、わからなくてごめんね~(汗)