大学芋

Makiです♪

芋掘りをしてきたその日のうちに、芋料理を二品も作るなんて、Sumiちゃん、エライ! しかも、子どもたちに付き合って芋掘りに参加して疲れているはずなのに。何のお手伝いもしていないくせに、概して面倒くさがり屋の私は「お芋は日持ちするから、料理はまた今度ね~」なんて言ってました。すみません…。

息子にも「この前のお芋どうするの?」とせっつかれていたので、ようやく私も重い腰を上げることにしました。

でもさぁ、息子よ、我が家のはSumiちゃんの娘ちゃんが掘ってきたお芋より明らかに貧相なんですけどー。超細いし、小さい。おまけに、紫芋はなくて、普通のサツマイモだけ(紫芋料理したことがなかったから、すごく残念ー)。スイートポテトみたいに皮をむく料理じゃ食べる場所なくなっちゃいそうだから、皮ごと使える料理がいいだろうな。その方が栄養価も高いし。

サツマイモ

息子が頑張って掘ってきたので、文句は言いたくないが、細っ! ちっちゃっ! 大きなお芋だったら、モンブラン作るつもりだったのにー

…と考えて思いついたのが大学芋。これなら小さくても大丈夫だし、揚げちゃうからボリュームもアップするしね。

大学芋

アク抜きするために、水につけます

皮つきのまま乱切りにして、水にひたします。

大学芋

芯まで柔らかくなるよう中温でじっくり揚げます

水気を切って、油で揚げます。

大学芋

シロップがとろっとしてきたら、揚げたお芋を投入。全体によくまぶします

砂糖と水を煮詰めたシロップを作って、揚げた芋をからめたら、完成~♪

最後に黒ゴマ振って仕上げました

最後に黒ゴマ振って仕上げました

ホクホクと香ばしいお芋に蜜がカリッとからまって美味しい。おやつの時間まで待てずにつまみ食いした息子が「今すぐ全部食べたい!」と言ってくれたのは嬉しかったなぁ。でも、来年はぜひ、もっと大きなお芋を狙ってきてくださいね~。