こっぱ餅

Sumiです☆

釣船茶屋ざうお」いいね~!行ってみたい♪子どもも喜びそう!
その場で釣って食べられるなんて素敵だよね~☆
Makiちゃん、おいしい場所の紹介ありがとう(*^。^*)

さて、前回、じゅうねん餅をご紹介しましたが、きょうもお餅の話題です。
その名も「こっぱ餅!」

こっぱ餅

こっぱ餅!おやつにもおすすめです☆

こっぱ餅は、蒸かしたお餅とさつまいもを一緒について作るお餅です。
さつまいもが加わるので甘さが増すのはもちろんなのですが、冷めてもお餅が柔らかいままなのです♪そのままでも美味しいですが、きな粉にまぶして食べるのが私のお気に入りです。こっぱ餅は熊本の天草地方に伝わる郷土料理だそうで、お土産品としても販売もされていますが、私はそれまで「こっぱ餅」自体を知りませんでした。

知るきっかけとなったのは、熊本で暮らしていた時、年の瀬に開かれた子ども劇場の「餅付き」イベントに参加した時です。会員の方のご自宅で行われたイベントだったのですが、その方のご自宅の庭にはかまどがあり、薪で火をおこし、もち米をせいろで蒸し、杵と臼で餅をつくという、何とも贅沢な体験だったのです。

その時、最初に作ってくださったのが「こっぱ餅」でした。
新年のお餅をつく前、熊本では冷凍庫などに残っている古いお餅とさつまいもを同時に蒸して、一緒につき「こっぱ餅」にして食べる風習を教わったのです。つきたては、それはそれは極上の味わいでした!!あのおいしさは忘れられません。古いお餅とは思えない~

数日前、じゅうねん餅を作った時から娘はお餅にはまっています。
我が家のパン焼き器はお餅がつけるので、早速こっぱ餅を作ってみることにしました。

お餅の作り方は簡単で、パン焼き器にもち米と水を入れてスイッチON♪
50分後、ピピピ~と言ったら、蓋をあけてもう一度スタート!
蓋を開けた時はまだもち米がざらざらしていましたが、10分後にはすっかりきれいなもち肌になっていました。

お餅

パン焼き器でお餅がつけてる~♪2合分です

同時に圧力鍋でさつまいもを蒸かしました。

さつまいも

安納芋です♪ポテトサラダ用にジャガイモも一緒に蒸かしました。

後は、お餅とさつまいもをボールに入れて、すりこぎ棒でつくだけ。

ミックス

さつまいもは皮をはがしてくださいね

えい!えい!とついていると・・・

混ざり合う

お餅とさつまいもが混ざり合います

これを一口大に丸めながら、きな粉にからめて出来上がり~!柔らかいよ~
きな粉を絡めず、そのまま食べても美味しいです☆

砂糖を入れて作る場合もあるそうですが、私はさつまいもの甘さだけで充分☆
子どものおやつにもなりますので、今年のお餅がまだ残っている~!という方、ぜひ作ってみてくださいね~♪