ユリちゃん

Makiです♪

Sumiちゃんが紹介してくれた「三年番茶」~。身体が温まると聞いて買ってはみたものの、煮出さなきゃいけないというのが面倒で、まだ飲んでませんでした…。梅醤番茶の「梅のスープみたい」という感想がとても気になるので、作ってみよう。こういうのは先延ばしにすればするほどやらないので、よし、さっそく今日にでも!

さて、話は変わり、先週末に降った大雪のせいでキャンセルせざるをえなかった妊婦検診に、一週間遅れで行ってきました。土曜日だったので、オットと息子も一緒に病院へ行き、画面越しながら、赤ちゃんと初対面してきました。

今のエコー検査って、息子のときと比べて、はるかにはっきりくっきり映るんですよね。顔の表情や指の一本一本までしっかりと見ることができ、「わー、顔だ! 足だ!」と息子興奮。まだ見えないお腹の中の赤ちゃんの存在を、より身近に感じることができたようです。

そうそう、今回の検査で性別が確定しました。以前息子が予言していたとおり、女の子とのこと。やっぱり子どもの勘というべきか、本能というべきか、知覚というべきかわかりませんが、そういうのって本当に当たるんだなぁ。そのときの会話を思い出すと、当たり外れというより、息子からすれば、すでに知っていたことを話しただけのようにも感じました。

ちなみに、我が家ではお腹の中の赤ちゃんは「ユリちゃん」と呼ばれています。息子に「お腹にいる間の名前、決めていいよ」と言ったら、迷うことなくすんなりと出てきた名前です。これも息子が女の子だって最初から知っていた気がしてならない理由のひとつです。

胎児超音波写真

この日もらった超音波写真。上の方に顔があり、左手で左頬のあたりを隠しているの、わかりますか?

その日の夜、寝る前に布団の中で息子と赤ちゃんのことを話していました。「赤ちゃん、見えたね。女の子だったね」という息子に、「妹に会えるの楽しみ?」と聞くと、「うん! お母さん、赤ちゃん産んでくれて、ありがとう」だって。まだ産んではないけどね(笑)。その言葉があまりに嬉しくて嬉しくて、目の奥がツーンと熱くなってしまったので、息子をギューッと抱きしめて誤魔化しました。

決して良いお母さんじゃあないけれど、でも、そんな私がお母さんになれて、お母さんにしてもらって、それだけでもう私の人生花丸だなぁ、と思います。私の方こそ、息子に、そしてこれから産まれてくるもう一人の我が子に、「産まれてきてくれて、こんなに幸せな気持ちを味あわせてくれて、ありがとう」なのです。

梅醤番茶

Sumiです☆

Makiちゃんのオールアバウト[簡単一汁三菜]のレシピ。この中で私が「へ~」って思ったのは、「菜の花のハムあんかけ」でした。菜の花って、辛子醤油で食べること以外、頭になかったので新鮮でしたよ!お試しあれ~♪

さて、みなさんは梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)ってご存知ですか?

三年番茶に梅醤としょうがのしぼり汁を入れたものです。
・・・と言っても、マクロビオテックを知らない方は、数年前の私のように「三年番茶って何?」「梅醤って何?」って?マークがいっぱいなのではないでしょうか?(笑)

「三年番茶」は、有機栽培した茶葉を3年かけて熟成させたものです。一般的なお茶に比べてカフェインが少ないので妊婦さんにもオススメです☆私の愛用品はこちら。

「梅醤」というのは、梅干しとお醤油を練り合わせたもの。もちろん、自分で作ることもできますが、市販されているものがあるので、こちらを使っています。また、梅と醤油を練らなくても、三年番茶に梅干し1個とお醤油小さじ1くらいを入れて作ってもOKです☆

梅醤に生姜汁が入っているタイプのものもありますよ。

私の場合、生姜汁の量を自分で調整したいので、入っていないものを買っています。

この梅醤番茶、飲むと体を温めてくれるので、マクロビオテックではお手当法に使われます。

つい最近、私はまた風邪をひいてしまいました><
熱は37度1分くらいしか上がらず、翌日には熱はなくなったけれど、スッキリしない。
そんな時は、梅醤番茶飲んで、ゆっくり休むのが一番です。

作り方は簡単です。

1)沸騰させたお湯に番茶を入れて5分~10分煮だす。

煮出し

私は5分くらいが好みです。煮過ぎると苦くなります。

2)梅醤を入れ、しょうがのしぼり汁を適宜入れて完成~!

梅醤番茶

しょうが汁はお好みで☆

お味の方ですが、ママ友は「梅のスープみたい」って言っていました。
なるほど~!と思った私です(笑)

私は梅醤を入れる時もありますし、入れないときもあります。同じくしょうが汁も入れたり入れなかったり。どちらにせよ、三年番茶は飲みやすいので、それだけ毎日飲んでも美味しいですよ~☆

私は煮出す方が好きですが、急須で普通のお茶のように入れてもOKです。急須だとあっさりした味わいです。

この年になってくると、若い時ほど無理は効かないので、自分で具合のいい悪いの加減を調整しながら暮らす必要がありますよね。私の場合は、産後にその力がついたような気がします。授乳していたので、薬は飲まないと決め(個人的見解)、マクロビのお手当法を使って体調管理していましたから♪

まだまだ寒暖の差が激しいですので、みなさんも風邪などひかないよう、お身体を大事になさってくださいね~☆