映画三昧①

Makiです♪

自主産休に入ったらやりたいと思っていたこと。それは映画観賞。今は息子の幼稚園が春休み中なので、それほど長い時間はとれませんが、それでも息子が寝ている間など、今まで仕事に充てていた時間で借りてきたDVDやテレビ録画した映画を少しずつ観ています。

もともと映画は趣味のひとつ。以前会社勤めをしていたころは職場が飯田橋にあり、近くにギンレイホールという名画座がありました。そこの会員になると、10,500円で上映映画が見放題。二週間おきに二本ずつ映画が上映され、公開時期よりも少し遅れてではありますが、話題作も観られたので、私も会員になっていました。その頃はギンレイホールだけで50本以上、それ以外にもテレビや映画館で観ていたので、年間で100本近くは映画を観ていたのかもしれません。それなのに子どもを産んだら、それどころではなくなり、めっきり映画からは遠い暮らしをしていました。

赤ちゃんを産んだら、さらに映画からは遠ざかる暮らしになってしまうはず。その前に少しだけでも観たいけれど、日々の慌ただしさに追い回されると、また後回しになってしまいそう。そこで年末に目標を立てました。どんな映画でもいいから、出産までに映画を20本観ること。大した目標ではないけれど、こうやって決めないと、せっかく時間に余裕ができたのに、ダラダラ過ごして、あとで後悔してしまいそうですからね。

さて、年末から今日まで観た映画を備忘録としてリストアップ。

■ ウォーキング ウィズ ダイナソー

■ ゼロ・グラビティ

■ マリリン 7日間の恋

■ ALWAYS 続・三丁目の夕日

■ ALWAYS 三丁目の夕日 ’64

■ 愛のむきだし

■ おおかみこどもの雨と雪

■ NINE

■ アフタースクール

■ カッコーの巣の上で

■ そして父になる

ちなみに、映画館で観られたのは、このうち3本。残りのほとんどは、ネットでDVDレンタルをしました。近所にはレンタルショップがないし、どのみち息子がいたらじっくり選べないだろうしで、ネットで借りられるのはとても便利。

このところ私が利用しているのは楽天レンタル。月額レンタルだともっと安くて便利なところがありそうですが、スポットレンタルだと旧作なら10円から借りられて、かなりリーズナブル。楽天会員だとクーポンなども時々発行されるので、それを上手く利用すると、レンタル料は無料で配送料だけで借りられる場合もあります。レンタル料や配送料に楽天ポイントが使えるので、ポイントだけで支払えてしまうことがほとんど。懐を直接痛めずにレンタルできるのは、ちょっとトクした気分です。

さて、観られた映画は年末から今日まで11本。映画を通じて物語の世界に没頭できることで、慌ただしかった日々から癒され、心が潤ってくる気がします。出産前にこういう時間を持って、心穏やかにそのときを迎えられるのは、私にとっても子にとっても良いことのはず。

目標まであと9本。すでに臨月に入ったため、間に合うかどうかギリギリのところかもしれませんが、しばしこの優雅な時間を堪能するぞー。