今度こそ、いざ出産!& 映画三昧⑦

Makiです♪

お腹の子が逆子ならぬ横子となってしまい、「いざ出産!」と意気込んで入院したところが、直前に戻ってしまうという横子騒動から早3週間。今度は予定日を1週間以上を過ぎても産まれずにいます。いやぁ、うちの子、マジでマイペースだわー…と呑気に言っていられればいいのですが、42週を過ぎると、羊水が減ったり濁ったりといったトラブルも多くなるそうで。41週も過ぎた今日から入院をして誘発分娩を進めることになりました。

そもそも私自身が予定日を大幅に過ぎて、産まれてきた子。母は陣痛促進剤を使った誘発分娩をしたそうですが、それでもちっとも陣痛が来ず、いったん帰されてしまったという経験の持ち主。今とは時代が違ったせいもありますが、なんと私は予定日より1ヵ月近くも遅れて産まれたのだそうです。私自身そんな産まれ方だったのだから、これくらい遅れるのは仕方ない。ただ、せっかく横子が直って避けられたのだから、無事に陣痛がついて帝王切開になる前には産まれてきてくれてほしいんだけどなぁ。頼むよ、我が子。

というわけで、今度の今度こそ、いざ出産! 次に戻ってくるときは、赤ちゃんと一緒です。それまでSumiちゃん、ブログをよろしくお願いします~♪

あと、出産の直前までに観まくった映画の備忘録を残しておきます。数えてみたら、年末から今日までに32本も観ることができました。満足、満足。よし、好きなことをたっぷり楽しめたパワーで出産も乗り切るぞー。

■ 善き人のためのソナタ

ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツが舞台。人間というのは、自分自身が生き残るためであれば、その環境や状況に合わせ、残酷なことも平気でできる。そんな中で、自分の中に感じた善を信じて行動できるか。何も起こらない平和な世ではエラそうなことも言えるけれど、きっと私には何もできず流されるだけだろう。無表情nヴィースラー大尉の目が、時折揺れたように光るのが印象的だった。

■ オカンの嫁入り

すごく面白いかといえばそうでもないけれど、つまらなくもなく。ただ、時折出てくるご飯がとても美味しそうで、密な人との関係性が羨ましくて。ネタバレだけど、お母さんを死なせてしまわないラストシーンは良かった。あんなガチャガチャした日常がずっと続けばいいのにな、と思わせられる。

■ サラの鍵

フランスでもユダヤ人迫害が行われていたことを、私は知らなかった。このところ何本もの歴史小説を観ているけれど、人間の残酷さに自分自身の良心をも疑ってしまう。前半のサラのていねいな描き方に対し、後半はやけにあっさりで、どうしてそう行動したのか、その心にどう変化が起こったのか、モヤモヤとする。でも、描かずに想像させるからこその良さもあるのかな。私にはちょっと物足りなかったけれど。

深大寺そば

Sumiです☆

Makiちゃんの息子ちゃん作の「きりんのしごと」。
いや~、面白い!タイトルも素晴らしい!発想豊かで将来が楽しみだね~♪

さて、きょうは「昭和の日」で祝日でしたね!
みなさん、どこかへお出かけしましたか?

我が家は、久しぶりに家族全員が休みの日でした。
というのも、旦那は仕事の関係で平日休みですし、娘は幼稚園があるので土日が休み。休みが合わないことが普通なので、我が家にとって、これはとても珍しいことなのです!!

せっかくだからどこかへお出かけしよう!ということになったのですが、普段行き慣れていないせいか、行きたい場所が浮かびません・・^^;
ふと、Makiちゃんが行ってきた深大寺のことを思い出しました~♪Makiちゃんたちは、ちょうど、昨年のGWに行ってきたんだね!

早速、おそばを食べに深大寺へ行ってきました(*^。^*)/

東京都調布市にある深大寺周辺は、そば処として有名です。
緑豊かな道沿いに約20店舗のお蕎麦屋さんが軒を連ねています。
お昼時に行ったで、お店によっては行列ができていました。

せっかくだし、美味しいと評判のお店で食べたかったのですが、娘も一緒ですし、並ぶのは無理。そう思いながらてくてく歩いていくと、良さげなお店を発見!

そば屋

新緑の中に風情ある建物が見えてきました♪

大師茶屋」というお店です。

粗挽きそば

お店のオススメメニュー「粗挽き天ざるそば」を注文

粗挽きそばは、普通の蕎麦より見た目の色が濃く、歯ごたえもしっかりありました。
味はまあまあ。私はどちらかというと普通の方があっさりしていて好きだわ~♪

お腹を満たした後は、深大寺の周辺を散策しました。

水車小屋

水車小屋

途中、水車小屋があって、中を無料で見ることができました。
もちろん、お蕎麦のことについての展示もあったのですが、私が興味をひかれたのは養蚕の展示!養蚕に使う道具がいろいろ展示されていて、調布の養蚕文化を垣間見ることができました。私、養蚕オタクなのです(笑)

深大寺の境内へ続く道は大賑わい!

深大寺の境内

深大寺の境内は新緑でとってもきれい~!

深大寺の境内につくと、ひときわ目立つ木を発見しました。
これ、何の木だかわかりますか?

なんじゃもんじゃ

この白い花を咲かせている木なんですけど・・・

「なんじゃもんじゃ」の木だそうです!
学術的には「ヒトツバタゴ」というモクセイ科の木だそうですが、長崎県対馬、岐阜県木曽川、愛知県などに自生していて、自生しているものは国の天然記念物にも指定されるそうです。貴重な木なんですね☆

なんじゃもんじゃ

「なんじゃもんじゃ」なんて、ユニークな名前ですね~

私は初めてみました。綺麗でしたよ~♪

看板に名前の由来が書いてあったので記しておきますと・・・
「かつてはその土地に自生している珍しい樹木や一度も見たことがない摩訶不思議なものを”これはなんというものじゃ?”と尋ねたことから、”なんじゃもんじゃ”と呼ばれるようになったそうです」

例年、GWには満開を迎えるそうで、すでに見ごろでした(*^。^*)/

このなんじゃもんじゃの木が植えられている深大寺の境内では、5月8日(木)の13時半~14時半に東京消防庁音楽隊が演奏する「ナンジャモンジャ防災コンサート」が行われるそうです。入場無料とのこと。にぎわいそうですね~♪

新緑の深大寺も素敵でしたよ~!
GWにお出かけしてみてはいかがですか~?