満喫!「座・高円寺」

Sumiです☆

座・高円寺」ってご存知ですか?

座・高円寺

外観、真っ黒くてかっこいいんです~

杉並区立杉並芸術会館のことで、舞台があり、演劇やワークショップなどを楽しむことができます。2階には絵本が常設されたレストランもあって、居心地いいんですよ~

GWの最終日、座・高円寺で「レッドくんのもくようび」という舞台が行われたので娘と一緒に見に行ってきました。子ども劇場の例会にもなっていたので、観客は親子連れで満席!にぎわっていました。

上演するのはドイツの劇団です。舞台に立つ人は二人だけ。
絵描きのヨアヒムさん(男性)と通訳の女性です。女性も劇団の方のようでした。

舞台は透明のキャンパスが設置され、ヨアヒムさんがレッドくんを描きながら同じキャンパスで7つのライブペインティングを見せてくれました。上映時間は40分!子どもには少々長かったようですが、後半、キャンパスに雨を降らせた場面から親子で釘図けになりました。最後にできた作品がこちら!

レッドくんのもくようび

レッドくんは太陽だったのか!と思わせるようなフィナーレでした☆

後ろからライトが当たっているので、残念ながら写真は見ずらいのですが、生の絵は素敵でしたよ~。7つの物語を書き重ねたとは思えません☆

この日、同時に「みんなのリトル高円寺」というイベントも行われていました。

劇場に作られた仮想の街。会場の中は不思議な世界に満ちています。

入口

入口には大きな口が!この中をくぐって、いざ空想の世界へ!

それぞれの町でいろんな遊びに挑戦し「やじるしシール」を5枚集めると缶バッチがもらえます。学生さんなのか、若いお兄さんお姉さんが住人に扮し、さもそこで暮らしているかのような立ち振る舞いをして子どもと会話をしてくれます。子どもも空想の世界に入り込んでお話していました。

こちらは雲が浮かぶ天空の町「ウエノホウ」。

天空の町

天空の町。ここでは飛行機を作って飛ばしあいっこを楽しみました。

ピカリと光る未来の町「アシタノサキ」。白衣を着た博士が住人です。

未来の町

娘は未来に咲く花を作って飾ってきたそうです

地底に続く秘密の町「モットチカ」。住人は地底の姫。姫のご機嫌をとらなくてはいけないそうです(笑)

地底

光る宝物を作り、地底の姫に貢いできたそうです(笑)

他には、遠い昔にタイムスリップできる「ドコデモン」という町もあり、娘はここで仮面を作って遊んでいました。

娘はいつの間にか1人であちこちの町へ飛び回り、5枚の「やじるシール」をゲット!見事、缶バッチをもらうことができました。子どもって空想の世界が大好きですよね!

目的は舞台だったので、面白そうなイベントを見つけてちょっと寄って帰るつもりが、ずいぶん長居しました。10時半には会場入りしたのに、帰ったのは16時過ぎです^^;

今後も「座・高円寺」ではいろんな舞台やイベントが行われる予定ですので、興味のある方はぜひチェックしてくださいね~♪
親子で楽しめますよ☆