「グリーンピースde豆ごはん」・・の失敗談^^;

Sumiです☆

豆の香りと甘さがたまらないグリーンピースの豆ごはん♪

グリーンピースde豆ごはん♪

グリーンピースde豆ごはん♪

グリーンファーム熊本から届く野菜宅配便の中に「グリーンピース」が入っていたので、速攻作ってみたのです。ところが・・・。

食べてみると味がない・・・。
豆が柔らかすぎる・・・。
色も悪くなっちゃった・・・。

など、反省ばかり・・・。

一口食べて、これ、昆布とお塩、お酒を少々入れて炊いた方が絶対に美味しい!!と思ったんです。それに、お米を炊くとき、私はさやの中から取り出したグリーンピースを混ぜて一緒に炊いちゃったのだけれど、別でゆでた方がいいかも!

その後、ネットで調べ、いろんな方の豆ご飯の作り方を参考にさせてもらいました。

失敗談をご紹介するのもなんなのですが^^;
次回の覚書として書いておきます。

●グリーンピースde豆ごはん

グリーンピース

グリーンピースです♪

【作り方】
1)塩を少々入れ、グリーンピースをゆでる。
汁が冷めるまでそのままにしておくと豆がぷっくらするそうで、この手間が大事なんだとか。(やってみよー!)

2)ご飯を炊くときの水分は1)のゆで汁も加え、足りない分を水で調整する。
塩少々、お酒大さじ1、昆布も一緒に入れて炊く。

3)炊き上がったら1)のグリーンピースを混ぜて出来上がり!

うん!絶対この方が美味しそう~☆また機会があったら作ってみます!
さやの状態でグリーンピースって売ってるのかな?スーパーも覗いてみよう(*^。^*)/

昨日、そら豆のスープをご紹介したばかりですが、グリーンファーム熊本の宅配の中には”そら豆”、”グリーンピース”の他に”絹さや”も入っていたので、熊本では今マメ科の野菜が旬なのでしょうね♪

みなさんもぜひお試しあれ~(*^。^*)/

そら豆スープ

Sumiです☆

きょうの東京はあいにくの雨模様です。植物にとっては恵みの雨かな?

さて、今月に入ってからスーパーで「そら豆」を見かけるようになりましたが
グリーンファーム熊本の宅配にも「そら豆」が入ってきました!

そら豆

そら豆がいっぱーい!

このまま焼いて食べても美味しそうだったのですが、
そら豆のスープが脳裏に浮かび、早速作ることにしました。

そら豆スープ

冷やしても美味しいですよ~♪

彩りにパセリがあると良かったのですが、なかったのでクコの実を添えました。
写真は黄色っぽいですが、本物はもう少しグリーンがかった色をしています。

作り方は簡単です♪
そら豆をさやから出してゆでます。

ゆでる

実際に使うのはこの中身なので、ゆでてから皮をむきます

一方で、薄くスライスした玉ねぎを蒸し煮します。
蒸し煮というのは、少しの水で煮ることです。
蒸し煮にすると、野菜の味が引き立ちますよ!

たまねぎ

スライスした玉ねぎに水と少々の塩を少し入れて煮ます。

ゆでたそら豆の皮をむき、その中身を取りだします。
そこに蒸し煮した玉ねぎとその汁気、牛乳を入れてバーミックスにかけます。

バーミックス

バーミックスで混ぜるだけ~♪

一般的にはコンソメや生クリームを使うかもしれませんが、我が家は牛乳だけで作っています。玉ねぎを蒸し煮することで十分だしが出ますし、牛乳が濃厚なのでそれだけで美味しくなるんです♪私が愛用している牛乳がこちら♪

牛乳

木次(きすき)ノンホモ牛乳!

島根県にある木次乳業が生産している「木次ノンホモ牛乳」です。
ノンホモ牛乳というのは、脂肪を均一化しない牛乳のこと。木次ノンホモ牛乳の場合、72℃で15秒低殺菌しているだけなので、栄養素や風味が壊れず、牛乳本来の味を家庭で味わうことができるんです。さらっとしていますが、味わいは濃厚です♪これなら生クリームを入れなくても牛乳だけでOK!

グリーンファーム熊本の宅配で注文している牛乳なのですがオンラインショッピングもありますのでご紹介しておきますね♪
●木次乳業オンラインショップ
http://kisuki-milk.ocnk.net/

この牛乳、封を開けて3、4日経つとクリーム状になってきます。早めに飲みきるのがコツです♪その鮮度感も気に入っています。スーパーで低温殺菌の牛乳を見かけたら、飲み比べてみると違いがわかると思いますよ。市販の牛乳は高温殺菌されたものが多いですから。

そら豆スープ、5歳の娘には少々大人味だったようです。
牛乳の量を増やして作れば良かったかな^^;
皆さんも旬を味わってみてくださいね~♪