桃の杏仁ゼリー

Makiです♪

桃が美味しい季節がやってきました。一口かじると、ジュワッと優しい甘みが広がる桃は大好きな果物のひとつ。ぷりっとピンクに色づいた美味しそうな桃がスーパーに並んでいるのを見かけて、早速買ってきたのですが、見た目に反して、これが非常に美味しくなかった…。甘みもなければ、味もない…。ガッカリ…。たまに、こういうことってあるんですよね…。

三玉パックの桃。一玉はどうにか食べたものの、これ以上そのまま食べるのは耐えられそうにありません。でも、美味しくない果物は煮ると、簡単に美味しく生まれ変わることがあります。

そこで、この桃も白ワインと砂糖で煮て、コンポートに。桃は湯剝きして、皮を取り、半分に切って、種を取り、鍋にひたひたになるくらいの白ワインとお好みの量の砂糖を加えて、柔らかくなるまでクツクツ煮ます。すると、あの味も甘みもない桃がとろーり甘く柔らかいデザートに大変身です。

桃のコンポート

味がイマイチだったり、ふけて美味しくなくなってしまった果物は、ジャムやコンポートにするのがおすすめ♪

コンポートはそのまま食べても、もちろん美味しいのですが、さらにもうひと手間加えて、暑い季節にぴったりのゼリーを作ることにしました。さらにさらに、杏仁豆腐を作れる杏仁霜が残っていたので、ゼリーの下に入れて二層となった桃の杏仁ゼリーに。面倒くさがりな私にしては、珍しく手間かけています!

桃の杏仁ゼリー

美味しくなかった桃を大変身!

■ 作り方(ゼリー型8個分)
1. ゼリー型に角切りにした桃のコンポートを入れておきます。 
2. 水(2カップ)に杏仁霜(大さじ3)と砂糖(60g)を入れて、火にかけ、2~3分煮ます。
3. 粉ゼラチン(10g)を加えて煮とかしてから、牛乳(1カップ)を加えて、沸騰直前まで温めてから、ゼリー型に注ぎます。冷蔵庫で冷やし固めます。
4. コンポートの煮汁(250ml)を温め、粉ゼラチン(5g)を入れて煮とかし、粗熱を取ります。
5. 冷やしておいた杏仁豆腐の上に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

このゼリー、Sumiちゃんと娘ちゃんが遊びにきてくれたときのおやつにお出ししたのです。ところが、息子は「これ、ヤダ!」と2口ほどで拒否。そして、じゃがりこをバクバク食べまくるという…。母さん、頑張ったのに、これまたガッカリですよ…。二人が美味しく食べてくれたからいいですけどねー、ぷんっだ! っていうか、Sumiちゃん、マズくはなかったよねぇ??

《ユウキ食品》杏仁霜【100g】

《ユウキ食品》杏仁霜【100g】
価格:368円(税込、送料別)