布おむつの畳み方・当て方 2枚重ねver.

Makiです♪

Sumiちゃん、ししとうをサラダなんて斬新! そして、美味しそう!! 煮たり焼いたりが当たり前の野菜も、意外と生で食べられることってあるんだよね。勉強になりました。ありがとう。

さて、娘が6か月を迎えました。

ずりばいで部屋中どこでも移動し、最近は少しお尻を持ち上げるポーズも始めたので、ハイハイし出す日も近いかもしれません。息子は5ヵ月でようやく寝返りをし、まだそこまで動けていなかったことを考えると、成長が早い!

身体だけでなく、心の成長も早いのか、人見知りをするようになって、「可愛い~」「抱っこさせて~」と言ってくれる人を目の前に泣きます。そして、母への執着が強くなり、後追いをします。人見知りや後追いも息子にはなかったことなので、初めての経験。同じ人が産み、同じ家庭で育っているのに、子によって、こんなにも違うもんなんですねぇ。って、当たり前のことなんだけど、改めてその様子を目にすると、不思議な気持ちになります。

そんなこんなで着々と成長している娘。身体も大きくなって、おしっこの量も増えてきたようで、5ヵ月を過ぎたころから、ちょっと油断すると、洋服まで濡らしてしまうことが増えてきました…。そう、以前も書きましたが、我が家は布おむつユーザー。エコで経済的なのですが、長い時間つけっぱなしにすると、漏れてしまうのです。とはいえ、漏らして洋服を着替える頻度が多すぎます。そろそろ、布おむつを2枚重ねにする時期になってきたのかもしれません。

というわけで、息子のときの記憶を掘り起し、2枚重ねの畳み方を思い出してみました。確か、こんな感じだったはず…

布おむつ

1. 一枚目は、一枚で使うときと同じように縦半分に折ります。

布おむつ

2. 長さを半分にします。一枚使いのときは、これでおむつカバーに当てます。

布おむつ

3. 二枚目の布おむつを横半分に畳み、その上に2.を乗せます。

布おむつ

4. 余った両脇を内側に折りこみます。

布おむつ

5. ひっくり返して、おむつライナーを置いて、完成。この形でおむつカバーの上に置き、お尻に当てます。しまうときは、これをさらに半分にして、籠に入れています。

息子のときから使ってきた布おむつ。何度も洗濯をされているうちに、ふんわり柔らかく肌触りの良いものになってきました。

布おむつ

二枚重ね布おむつを当てた娘のむっちりお尻♪

ちなみに、布おむつの洗濯には、柔軟剤を使わない方がよいんだとか。赤ちゃんの肌に悪い…というのもあるかもしれませんが、吸水性が落ちてしまうそう。また、おむつカバーも柔軟剤を使うと、最初にほどこされている防水加工が取れてしまお、漏れやすくなることがあるそうです。そういえば、息子のときもそんなことを聞いたことがあったのに、すっかり忘れて、つい先日まで柔軟剤を入れて洗っていました。だから、おしっこがよく漏れるということもあったようです。失敗、失敗。これからは気をつけます!

「ししとう」をサラダに?

Sumiです☆

Makiちゃんが行ってきた「マドレボニータ」!!興味深いね~☆マドレボニータのことは知らなかったけれど、産後にこのボールエクササイズにお世話になっていました!気持ちいいよね^-^☆身体は資本!私も鍛えなくっちゃ~♪

さて、隔週水曜日には「グリーンファーム熊本」からの野菜が届きます。
段ボールにひと箱分♪今回はどんな野菜が入ってくるのかなぁ~と毎回楽しみです。
そんな中、最近、私が調理に困る野菜が登場するようになりました。
それは・・・「ししとう」です^^;

辛いので子どもは食べられないから、ついつい調理が後回しに・・・。
さらに、ししとうの調理法で私が知っているのは「天ぷら」と「ししとうの甘辛煮」だけという悪循環。他にどうやって食べたらいいんだろう?と思っていた矢先、ありがたいメッセージが添えてありました☆

ししとう

「秋の実成りものは昼の温度と朝晩の温度差が大きいので、野菜たちは自らの身を守るため体内成分を高めます。「味が濃くなります」おすすめは生のまま食べて頂くことです。皮が固くなりますが、うすくスライスしてサラダや和え物やスープのトッピングにどうぞ!!」

早速、ししとうをスライス♪

ししとうスライス

サラダに添えていただきました~!

ハンバーグ

一緒に送られてきた「赤からし菜」と一緒に混ぜていただいました♪この「赤からし菜」も珍しいですよね~!!見た目は水菜みたいですが、ピリッとした辛さがあります。同じ辛みのある野菜同士♪さて・・、そのお味は~?

おそるおそる一口食べてみると、ピーマンを生で食べた時のような食感に、ピリッとした辛みが追加されたような味わいでした!いける~!これ美味しい~~~!!ししとうを生で食べるという感覚はなかったので、新しい発見でした☆子どもには辛いけど、これなら大人の分だけサラダに混ぜて食べられるから消費しやすい!

「ししとう」にメッセージを添えてくださったのは、生産者の加藤猛さん&尚美さんご夫妻です♪加藤さんが作るお野菜は、何を食べても本当に美味しい!熊本にいる時からファンだったのですが、加藤さんから直接野菜を購入している友人のご縁で、加藤さんの畑&ご自宅へ招いていただいたことがありました。土にこだわった田んぼや畑、そこで育てられた元気な稲や野菜たち。それだけでも感動ものでしたが、その際、奥様の尚美さんが採れたて野菜でランチをごちそうしてくださったんです。お料理は、野菜を蒸したり、ゆでたりしたシンプルなものが多く、それがすごく美味しかった!お野菜そのものが美味しいと、凝った調理は必要ないことを学びました。私と友人も一品ずつお料理を持参したので持ち寄りランチ会となり、すごく楽しく&美味しかった思い出があります。懐かしいなぁ~♪

実は、加藤さんの野菜が宅配の中に入ってくることは稀です。
生産量が少ないので、なかなか野菜ボックスの中には入ってきません。
そんなわけで、加藤さんの野菜が入っているときは大喜び♪
私にとって貴重なものなので、メッセージは写メで残しています♪

最近のものですと、こちらの「しかく豆」!
しかく豆

しかく豆メッセージ

それから「つるむらさき」

つるむらさき

つるむらさきメッセージ

この素敵な文字とイラストを書いているのは奥様の尚美さんです。
尚美さんからのメッセージを読むと、じ~んと温かい気持ちになります。
新しい発見の多いメッセージ☆丁寧な心配りに感謝です!!

きょうは水曜日!夕方には熊本から野菜が届く予定です。
加藤さんの野菜、入ってくるかなぁ~☆
楽しみ、楽しみ♪