どんぐりむらのほんやさん

Sumiです☆

どんぐりの季節になりましたね!

絵本作家なかやみわさんのどんぐりむらシリーズ第5段が発売されていました~!!

先月から店頭で見かけていたので、気になっていたんです。だって、このどんぐりむらシリーズ、私、大好きなんですもの~☆その時、娘に買う?と聞いたのですが、娘はこっちがいいとディズニーのプリンセスものを選んだのでした・・(TT)かなしか~><

店頭で見かけるたびに私が読みたくて、昨日、とうとう本屋さんで「どんぐりむらのほんやさん」を購入しました。買ったら買ったで、娘は大喜び!早速一緒に読みました。

読んでみると、今までの中で挿絵が一番カラフルに感じます。眺めているだけで楽しい!挿絵の中に「本は心の栄養」と書かれていて、まさにその通りだと思いました。絵本の中の店長さんと店員さんからは、本を通して人に対する愛情のようなものが伝わってきます。読みすすめるうちに、なるほど~!こういう展開なのね~♪と引き込まれて行きました。

どんぐりむらのぱんやさん

どんぐりしょてんつうしんも読み応えたっぷりです!

また絵本の中には「どんぐりしょてんつうしん」がついてきます。
ここに書いてある本のラインナップ、本当にあるなら読んでみたい~!と思わせるものばかりでした(*゚▽゚*)/

どんぐりむらシリーズは、これまで、ぼうしやさん、ぱんやさん、おまわりさん、ほいくえんと4冊の絵本が出版されてましたが、5周年になる5冊目は何か記念になるようなお仕事を選びたかったそうです。それが「ほんやさん」だったんですね~☆

最近、そういえば、絵本を買うことがめっきり減りました。
娘と一緒に図書館へ行く回数も減りました。
多分、公園で遊んでいる時間が増えたからだと思います。
夜寝る前に絵本を読む習慣は続けていますが、きょうは眠いから読まなくていい!なんて、娘から言われることも出てきました。

それでも時折、絵本を読みふけっている娘の姿を目にします。
小学生になれば、絵本が児童書へ切り替わっていくんでしょうね。
絵本好きの私としてはあと何年一緒に楽しめるのか、ちょっぴり切なくなってきました。

よし!もっと絵本を一緒に楽しむぞ~!

そうそう、絵本ナビに著者なかやみわさんのインタビュー記事が載っていました!
http://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=128

インタビュー記事の中でなかやさんが「子どもにとって、自分の気に入った本を探すのは宝探しみたいな感覚だと思うんです。」とおっしゃっています。私もまさにその通りだと思いました。ほんやさんの空間って、ワクワクしませんか?どんな本に出会えるのか、宝探しみたいだし、これなんだろう~?とそこで興味が沸いたり!私にとっては好奇心を刺激してくれる場所でもあります。

実は、この絵本を買ったとき、私はもう一冊の宝物に出会いました!
これが、すごく面白い本なの!もう笑いが止まらなくて一人、ニヤニヤしながら読んでいます。それは、また次回ご紹介しますね♪

何はともあれ、読書の秋。
みなさんも本屋さんに出かけてお気に入りの一冊を見つけてみてはいかがでしょうか~?