折り紙deクリスマスツリー

Sumiです☆

先日、娘の幼稚園の先生から折り紙を習う機会がありました。

作ってきたのはこちら♪
クリスマスツリーです☆

クリスマスツリー

可愛い~~!!折り紙で作れるし、簡単♪
家に帰ってから、早速、娘と一緒に作ってみました(*^。^*)

娘

まずは鶴を折る容量で、このように四角く折ります。

作り方1

そして、このように・・・。

作り方2

全部折ったら、黒く書いた部分を切り落とします。

作り方3

こんな風になります。

作り方4

これを半分に折って、切込みを入れます。

作り方5

切込みを入れる位置を間違えると失敗するのでご注意を!
紙が何枚も重なっている方に切込みを入れてくださいね♪
・・・実は、私、切る方向を間違えて、2回も失敗しちゃいました><

次に、天辺に下から斜めに慎重に切込みを入れます。切込みを入れすぎるとバッサリ切れちゃうのでご注意を!ここもポイントです☆

作り方6

開くと星になります。

作り方7

残りも開いていき、ツリーの形になるように切込み部分を折り込みます。

作り方8

はい!完成~☆

作り方

ハロウィンの時に買ったリースですが、クリスマスの飾りとしても使えそうです♪
その脇に飾ってみました(*^。^*)

玄関

娘と一緒に折り紙のツリーをたくさん作って、トイレの中や出窓などにも飾ってみました。

実はこの折り紙のツリー、昨年、Makiちゃんも幼稚園の先生から教わったといって、飾ってあったのよね^^白い折り紙で作ってあって、ホワイトのツリーも素敵でした♪

お子さんも作れるので、ぜひみなさんも作ってみてくださいね~(*^。^*)/

人形劇団ひとみ座の代表「中村孝男さん」がすごい!

Sumiです☆

後一ヶ月でクリスマスですね!早いな~(*^。^*)

昨日は、人形劇団ひとみ座が上演する「ヒッポくんのおさんぽ」、「リスおとカメ吉」という人形劇2作品を見てきました。こども劇場せたがやの地域公演だったのですが、あんなに笑ったのは久しぶり!!めっちゃ面白かったです。

舞台

たくさんの人が見に来ていました!子どもたちだけのスペースが前に確保されています。

何がすごいって、約1時間にも及ぶ上演時間を人形を何体も変えながら1人で演じていること!!そのすごい方は、人形劇団ひとみ座の代表、中村孝男さんです!さすが~☆

中村さんが1人で3体の人形を動かしているときは、どうやっているんだろう?と首をひねりたくなりました。まったく違和感がないのですから。また、1作品が終了し、次の作品が始まるまでのつなぎ役も中村さん1人!!トークと人形を巧みに操り場を盛り上げてくださるので、ご自身が休む暇などありません。それでも、疲れた様子も見せず、さらりとやるお姿は、さすがプロだなぁと感心しました♪子どもたちに優しく語りかける中村さんからは、優しくて温和なお人柄もにじみ出ていました。

中村さん

ペープサートという紙の人形で会場は笑いの渦に包まれていました。

中村さんは、見ている人の心を掴むのが本当に上手!子どもだけではなく、大人も釘付けになっていました。同じ動きを繰り返すって、こんなに笑えるんですね!幅広い世代が夢中になれる人形劇は他にないのでは?と思ったほどです。

かめ吉

劇が終了後、人形たちと握手することができました!これはかめ吉です。

劇が始まる前と後の写真しか撮れなかったので、参考にならないかもしれませんが、ぜひ、一度見ていただきたいと思う作品です♪

そして、こども劇場の会員だけの特典で、人形劇が終わった後は、中村さんのワークショップに参加することができました。ワークショップでは、人形劇の中に出てきたぶーちゃんをウレタンで作りました。中村さんが手作りキットを持ってきてくださったので、子どもたちはそれをハサミで切って、強力な両面テープで張り付けていくだけ。

ぶーちゃん

作ったぶーちゃんには、名前を決めて、小さな舞台の上で自己紹介!

小さい舞台

「ぶんちゃっちゃ~♪、ぶんちゃっちゃ~♪」という歌も覚えやすく、子どもたちはノリノリで遊んでいました。

ぶーたんごっこ

思わず、私も作りたくなっちゃって、自分の分を追加!(笑)
マイぶーちゃんを作ってきました(*^。^*)/

楽しかった人形劇に出てきた人形を、演じていた人と一緒に作れるなんて、こんな素晴らしい体験を子どもたちにさせてもらえて感謝、感謝です♪娘は家に帰ってきてからもず~っとマイぶーちゃんで遊んでいます。私も一緒に「ぶんちゃっちゃ~♪、ぶんちゃっちゃ~♪」

きょう一日で、人形劇団ひとみ座の中村孝男さんのファンになりました~!