森のオルゴール作り

Sumiです☆

森のオルゴール

ビー玉とどんぐりが何ともいえない音色を奏でる「森のオルゴール」♪
これ、娘が作ったんですよ~(*^。^*)/

先日、この「森のオルゴール」を作るイベントに参加してきました!
”森のオルゴール”・・このなんともいえない言葉の響きに魅せられました!!
ご家庭でも簡単に作れるので、作り方をご紹介しますね♪

【材料】
木の板(大きさは子どもが扱いやすいくらいのもの)
絵の具
釘(長さが違うもの3種類くらい)
段ボール
ビー玉・どんぐり

【道具】
金槌・はさみ

まず、オルゴールの土台を作るため、木の板に好きな色を塗ります。イベントでは、赤、白、黄色、青、緑の水彩絵の具が用意されていて、それを少しずつ布に取って指で塗りました。

色塗り

参加した子どもたちは全部で20人。2、3歳~小学生までの子どもたちです。

参加者

色が重なり合うことで、偶然生まれる色彩がとてもきれいでした。

作品1

作品2

作品3

少し乾かした後、木の板に長さの違う3種類の釘を金槌を使って打っていきます。

くぎ打ち

娘は幼稚園で金槌の使い方を教わっているので、得意げでした(笑)
コツは、短い釘から打っていくこと。長い釘を先に打ってしまうと、高さがあるので、後から短い釘を打とうとすると、打ちにくくなります。

次は枠作りです。木の周りにボンドを塗って、細く切った段ボールを張り付けていきます。ボンドがはがれやすいので、さらに画鋲で留めました。

枠作り

はい、完成~!

森のオルゴール

この中にビー玉やドングリを入れてコロコロ転がすと、なんとも言えない軽やかな音がします。この音色が森のオルゴール♪素敵でしょ~☆

他のお友達の作品です。

作品1

作品2

色彩も個性豊かですが、音色もそれぞれ少しずつ違います。釘の長さや数などによるのでしょうね。家に帰ってきてから、娘は段ボールに色を塗ったり、釘の頭に色を塗ったりして、さらに手を加えていました。毎日のようにコロコロ音を出して楽しんでいます♪

みなさんもご家庭で作ってみませんか?